我が家風ステーキのレシピ

5月5日のこどもの日、久々にダンナと一緒に近所のスーパーへ買い物に行きました。一番のお目当ては国産黒毛和牛が4割引き!この黒毛和牛でステーキを焼いて試食してみることにしました。我が家のステーキの焼き方とソースのレシピをご紹介します。

スーパーの国産黒毛和牛ステーキ

5月5日こどもの日に行った近くのスーパーで、前回の投稿しましたレシピすし丼の寿司ネタ(刺身)と、本当のお目当てで4割引きだった国産黒毛和牛ステーキ用を取りあえず1パックを買いました。今回はとても分厚いリブロースステーキ(426g)です。

近所のスーパーいなげやで買った4割引きの国産黒毛和牛リブロースステーキ。

近所のスーパーいなげやで買った4割引きの国産黒毛和牛リブロースステーキ。

写真をご覧になってお気づきの通り、産地は「国産」となっています。この産地を確認する場所がバーコード付きの札シールに牛個体識別番号というものが記載されています。この10桁の数字を検索出来るサービスがあります。ネット検索名で『牛個体識別番号』と入力すれば、出てきます。今回、私たちが買いました黒毛和牛は出生地が宮城県の去勢雄牛で、搬入先は山形県でした。

産地を確認したところで、これからレシピをご紹介したいと思います。

我が家風ステーキのレシピ🍴

我が家風 ステーキ

ステーキソースを作る

我が家のステーキソースが出来るまでは、ネットで色々と他のレシピを調べたり、食べ歩いて味を確認したり、軽井沢の某ペンションのオーナーからヒントを聞いたりして研究したものです。

<ステーキソースの材料・作り方>

ステーキソースに使う材料

  • りんご・・・1個
  • 小さな玉ねぎ・・・1個
  • にんにく・・・3欠片
  • 赤ワイン・・・適量
  • 合わせ酢・・・隠し味程度
  • 生醤油・・・適量
1.小さな鍋に各すりおろした玉ねぎ、にんにく、りんごを加える。※我が家は、すりおろしたものを笊などではこさずにそのまま。(繊維質がもったいないため)

1.小さな鍋に各すりおろした玉ねぎ、にんにく、りんごを加える。※我が家は、すりおろしたものを笊などではこさずにそのまま。(繊維質がもったいないため)

2.次に赤ワインを加えて、火を通す。

2.次に赤ワインを加えて、火を通す。

3.沸騰した後、さらに生醤油と隠し味に合わせ酢で味を調整する。これでステーキソースは出来上がり。

3.沸騰した後、さらに生醤油と隠し味に合わせ酢で味を調整する。これでステーキソースは出来上がり。

ステーキで余ったソースは他でも使えます。鶏肉や豚肉などの焼肉ソースなどにぴったりです。

黒毛和牛ステーキを焼く

牛ステーキを焼くことは何度もチャレンジしてきたものの、もっと美味しく焼く方法を調べて実践しました。

1.冷蔵した牛肉を常温状態に戻し(30分間)、焼く直前に岩塩とコショウをふっておく。

1.冷蔵した牛肉を常温状態に戻し(30分間)、焼く直前に岩塩とコショウをふっておく。

2.よく熱したフライパンにオリーブオイルをひき、スライスしておいたにんにくをきつね色になるまで炒め、別の小皿に移す。

2.よく熱したフライパンにオリーブオイルをひき、スライスしておいたにんにくをきつね色になるまで炒め、別の小皿に移す。

3.にんにくを炒めた油で、牛肉をそっと置く。今回はミディアムとして、最初に片面を強火で30秒→弱火で2分。

3.にんにくを炒めた油で、牛肉をそっと置く。今回はミディアムとして、最初に片面を強火で30秒→ 弱火で2分。

4.裏返しして強火で30秒→弱火で2~3分の順で焼く。

4.裏返しして強火で30秒→弱火で2~3分の順で焼く。

ステーキを焼く際は、あまり細目に動かさない方が良いそうです。何故なら、肉の油や旨みが抜けてしまうからです。また、焼いた直後もすぐにカットしないで、10分ほど休ませてからカットしてお皿に盛り付ける方が良いです。

5.ステーキをカットして皿に盛りつけ、肉の上に先ほどのステーキソースをかけ、炒めたにんにくを飾ります。

5.ステーキをカットして皿に盛りつけ、肉の上に先ほどのステーキソースをかけ、炒めたにんにくを飾ります。

完成!

我が家風 ステーキ

あとがき・豆知識

今回の黒毛和牛ステーキを食べた家族全員の感想は「美味しい!」と大満足でした。自分でステーキを焼く際も、ある程度の知識と工夫が必要だと実感しました。私はステーキを焼く日、体調不良(風邪のような症状)で全部お肉は食べられず、残し、翌朝はレンジで温められるように、茶碗に盛ったご飯の上に残りのステーキとソースをのせてミニ黒毛和牛ステーキ丼にしました。翌朝、それを食べてみたらとても美味しかったです!

ミニ黒毛和牛ステーキ丼

ミニ黒毛和牛ステーキ丼

最後に豆知識として、黒毛和牛の中の銘柄牛でA5のランク(等級)が付くものは、子を生まない若い雌牛です。(去勢された雄牛にもランクを付けることがあるそうだが、味・食感などは雌牛にはかなわないこと。)本物(ランク付けの最高級なもの)は私たちの一般市場へはめったに出回ることはありません。

スーパーなどで置いてあるものは、ランク無し(ランクが付けられないもの)のただの国産黒毛和牛として販売していること。今回、私たちが試食してみましたスーパーの黒毛和牛(ランク無し)で去勢された雄牛ですが、味や肉質にはそれほど問題はなく十分でした。とにかく美味しければ上等です(^^♪

ブログを見て下さり有難うございました。
いろいろなグルメランキング
ライフスタイルブログ ポジティブな暮らし