【40代の女】まだみっともない白髪との格闘Ⅱ

40代はもう白髪が生えてきてもおかしくはない年代である。自分は25歳を過ぎてからぼちぼちと白髪が目立ち始め、30代以降になるとさらに頭上の生え際からややメッシュになっていった。今ではすっかり白髪染めしないとお出かけする時や再就職する時など、周囲で老けた印象、みっともない印象を与えたくはないものだ。

スポンサーリンク

まだまだ格闘が続く白髪染め

先月より市販のヘアカラートリートメントにて白髪を染めようと決意しました。白髪染めはなるべく髪質に負担をかけたくなく、シャンプーの後のトリートメント式で何とかしようとしております。

とにかく白髪染めトリートメントをいろいろ試してみる

今は貧乏パート主婦なので、とても美容院にお金をかける暇はありません。やはり、白髪染めの口コミを参考にしながら、いろいろ市販のヘアカラートリートメントを買って試していますが、二層式の白髪染めなどを比較すれば即効性はないのだと気付いています。

しかし、二層式よりもヘアカラートリートメントの方がコスパ的に良いし、髪質にはあまり負担はかからないと思って今から地道に染めている最中です。

OZIO ビューティヘアカラートリートメント(旧)を発見

前に買ったビゲンヘアカラートリートメント(ダークブラウン)はもうじき使い終わりそうなので、今度は違うものを薬局で買おうと思いました。ところが、意外なことに近所の某リサイクルショップへ行きましら、何と未使用の白髪染めのヘアカラートリートメントを1本のみ発見したのです。

オージオ化粧品のビューティヘアカラートリートメント(ダークブラウン)です。オージオという社名を私は初めて知りました。ネットで調べてみますと、どうやら旧タイプのものらしく、現在はリニューアルタイプがあるようです。

口コミの方はあまり詳しい情報は少なく、元の価格は2,858円(200g)だったようで、リサイクルショップでは何と846円で売っていました。これはかなりお買い得だと思います。

OZIOヘアカラートリートメント(旧)の効果は?

写真ではとても分かりにくいのですが、前に使っていたビゲンと今のオージオのダークブラウンは全く異なります。

もう一つの比較写真です。上の数回染めたビゲンは部分的に赤茶に染まるなどのムラがありますが、下のオージオは全体的に落ち着いた茶色でありつつまだ全体的にはっきりした白髪がやや目立たないようなニュアンスとなりました。あともう一歩かと・・・。

多分、オージオも回数に分けて使えば、そのうちもっと更に白髪が目立たなくなるかもしれない期待感はあります。次の経過は今度です。とにかく、いつかの新しい仕事先の面接までには間に合わせたいと思います。

ブログを見て下さりありがとうございました。
ライフスタイルブログ ポジティブな暮らし

スポンサーリンク