生協からのスィーツ:信州りんごのキャラメル・オ・ポム

生協のカタログに載っているスィーツについてです。我が家はパルシテムと生活クラブと交互に利用しております。今回は旦那のお誕生月として、何か美味しそうなスイーツをいくつか選びました。ぶっちあけ、結局は家族4人に分けて食べます(笑)さて、生協で注文した洋菓子の一つをご紹介しましょう。

生協のスィーツを紹介

生協のスィーツをご紹介する前に、生協とは何か?まだ知らない方のために簡単に説明します。生協にはいくつかの団体名があります。コープ、パルシテム、生活クラブ等があります。ただ、団体によっては運営、システム、食品基準など異なり、ランクもあります。コープの場合は、市販のネットスーパーに近い食品を扱っています。

かつて、私たちもコープをよく利用していましたが、現在はパルシステムと生活クラブに入っております。特に、生活クラブは食品基準が一番厳しく、無添加の食品を扱っています。ただし、品数が少ないので、生活クラブには無いものはパルシステムで注文しています。

そこで、今回はパルシステムで美味しそうな洋菓子を見つけたので、早速お見せしましょう。

信州りんごのキャラメル・オ・ポム

パルシテム宅配より届いたボン・ブーシェのキャラメル・オ・ポムの箱です。最初は冷凍状態です。

召し上がる時は自然解凍のみ。パイ生地にアーモンドクリームを流し込み、さらにキャラメルソースに漬け込んだ長野産りんごを詰め込んで焼いた洋菓子です。

このキャラメル・オ・ポムの「オ・ポム」について調べますと、フランス語で直訳するとリンゴパイのようです。通常、ショーソン・オ・ポム(仏: Chausson aux pommes)という名称として、折りパイ生地でリンゴ包んだものが一般的のようです。

さて、こちらは4等分にしたアップルパイです。カットする時は、パイがポロポロするので、ゆっくり慎重にしました。落ちたパイくずを味見してみるとなかなかバターの利いた美味しい生地です!

さあ、実際に味わってみると、キャラメルペースト漬けのリンゴは微かなほろ苦さ、バターのまろやかさ、上品な自然な甘さとのバランスがうまく出来ています。この洋菓子に、今回は人から頂いだ高級紅茶(アールグレイに近い味)を入れて飲みましたが、結構、口にピッタリでした。

ただ、パイ生地そのものがかなり小さめであり、4等分にカットすればさらに量が少なく、ちょっと物足りないのが残念です。一人当たりほんの2〜3口程度といったイメージです。

ブログを見て下さりありがとうございました🍰
グルメブログ いろいろなグルメ