プチぶらり散歩:冬の晴れ間 雪が残る空堀川&清瀬せせらぎ公園散策

プチぶらり散歩を更新しました。この一週間はとても強い寒気が続き、朝晩は氷点下、日中でも一桁の気温と寒い毎日です。さて、週末のこの日は東京・清瀬の空堀川と清瀬せせらぎ公園をぶらりと散策しました。雪の方も大部分は完全に溶けて道もかわいてきましが、所々ではまだまだ雪が残って手付かず状態の道ではアイスバーンも少なくありません。

スポンサーリンク

雪が残る空堀川&清瀬せせらぎ公園散策

空堀川(くるまや橋〜境橋付近)

空堀川沿いの方っぽうの遊歩道ですが、地面がだいぶ溶けてかわき歩きやすくなっていました。

青空には薄っすら月が見えます。今月31日に日本全国で皆既月食が見られるそうです。月は20時48分に欠け始め、21時51分には完全に欠けて皆既食、月が赤銅色になるのです。

ご覧の通り、半分は雪が消え、向こう側はまだまだ雪が残っていました。

こちらは空堀川上流向け(柳瀬川と合流地点)からみた景色です。まだ雪が所々残っています。

くるまや橋付近でカルガモたちの群れがありました。

さて、雪が残っている方にどうやら人が滑ったような、雪が落ちたような跡がありました。

何度も言うように、日当たりの角度によって両遊歩道がハッキリとしています。前の道や土手はすっかり雪が無くなり、向こう側は雪が残ったままです。

境橋を渡って反対側の遊歩道に着きました。ずっと日陰になっているため、まだ完全に雪道のままです。しかし、それでも何台か自転車が通った跡があります。

残った雪はまだサラサラした状態でした。

しかし、一部は氷のアイスバーンです。ここで歩くにはまだ危ないので注意。

雪の残る階段もとても降りる気にもなりません。

日当たりを受けている向こう側の階段はすっかり雪がありません。同じ場所でも物凄い差があり過ぎます。

清瀬せせらぎ公園

清瀬せせらぎ公園の遊歩道も3日前と比較するほど雪が消えていました。

前回の清瀬せせらぎ公園の様子↓↓
プチぶらり散歩:冬の晴れ間 雪景色の東京・清瀬市中里の周辺を散策

宮下橋の下に放流しているニジマスを見ようと小川を覗くと、筒の中に入っていた一匹のニジマスが顔をチラッと出してくれました。

しかし、顔を出してくれたニジマスは筒の奥に入ってしまいました。

最近、放流のニジマスの数が減っているような気がします。

宮下橋そばにある雑木林の道もこの間はかなり雪で積もりましたが、今では雪が溶けてきています。

柳瀬川合流地方面の遊歩道も雪が溶けてきました。

清瀬中里緑地保全地域

清瀬せせらぎ公園を通り抜け、いつもの清瀬中里緑地保全地域(雑木林の丘)の階段へ上ります。

案内板のところに何故か1本の傘がかけてありました。

階段はこの間からキチンと除雪されているので安心して上れます。

階段に上がって農家の畑のところにある野菜直売所の様子を見に行きました。しかし、この日は残念ながら殆ど何もありませんでした。後から車で野菜を運んできた若い畑のお兄さん曰く「今は畑が雪で埋まっている状態なのであまり野菜が取れない…」とのことです。今回はハウス栽培のほうれん草類しか持ってきていないようです。

どこの農家もそうですが、確かに畑は深く雪に埋まっているので野菜の収穫は大変そうです。

今度、気象情報によると来週31日(水)から1日(木)頃にかけて関東地方はまた広い範囲で雪が降る可能性があるそうです。何とか外れるといいですが。

ブログを見てくださりありがとうございました📷
ブログ村 ライフスタイルブログ
ライフスタイルブログ ポジティブな暮らし

スポンサーリンク