優秀な入浴剤『クナイプバスソルト』は心身ともに効果高い

 入浴剤で人気があるクナイプはドイツシェアNo.1を誇るブランドです。バスソルトは2億5000万年前の古代海水を精製した岩塩と、天然ハーブの精油(エッセンシャルオイル)から作られています。とても発汗作用にも優れ、バスソルトの香りの種類もあるので、気分に合わせて入浴を楽しめるのがクナイプの魅力といえます。

スポンサーリンク

岩塩とエッセンシャルオイルで作られたバスソルト

バスソルトなどで有名なクナイプですが、美容や心身の健康へ目指したければ、クナイプの目的を知ることによって改善へ導く隠されたヒントがありました。

スポンサーリンク

【豆知識】クナイプの誕生はカトリックの神父より

クナイプ社のホームページをじっくり拝見させていただきますと、クナイプというブランド名は、ドイツの神父・自然療法士であるセバスチャン・クナイプ(1821年〜1897年)という方から名付けています。

自然は、私たちが健康を維持するために必要なあらゆるものを豊富に与えてくれます。

セバスチャン・クナイプ

彼の名言より、バランスの取れた生活には、定期的な運動、健康的な食事、それに心のバランスが必要だと考えました。これらは、現代でも当たり前のように心身共に健康へ導く基本と言えるでしょう。

彼がホリスティック(全体論的)思考へつながったきっかけは自ら生涯を通しての体験からでした。

クナイプ神父は25歳の頃、当時、不治の病とされたいた肺結核を患いました。病と闘いながら神父になるために勉強を続けていたのですが、1849年春、ついに病に倒れてしまいます。この時に彼は、偶然見つけた修道院の蔵書に刺激され、水の力を身体の治療に応用することを考えます。それは大胆な行動によって彼の人生に転機をもたらしました。

同年11月、彼は息を切らせながら全速力で走ってドナウ川に向かうと、衣服をはぎ取り、ほてった身体を氷のように冷たい川の水に首まで浸して3秒数えました。それから土手に上がって服を着ると、また家まで全速力で駆け戻りました。その結果は驚異的であり、活き活きとより健康になったと感じたのです。

こうして、最初に運動で身体を温め、それから冷水で短時間刺激し、身体を拭かずに、直ぐに再び運動して身体を温めるという、クナイプの水治療が誕生しました。温水と冷水の温度差を利用したり、水圧をかけたりすることで「人が本来もっている力を発揮できる」ことを発見したのです。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

これは今で例えると、暑いサウナに入った後、水圧の水シャワーを浴びたり、水風呂へ入るようなものに近いのではないかと筆者は思います。

奇跡的に健康を完全回復したクナイプ神父は、当時の修道院で盛んに行われていた薬草(ハーブ)の研究も含め、「自然はすべてを与えてくれる」という哲学のもと、神父としてバード・ヴェリスホーフェンに着任した後も研究をつづけ、人々を助けました。

晩年、クナイプ神父の精神と信頼を守るため、彼と同じ信念をいだく薬剤師レオナルド・オーバーホイザーに、クナイプの名前と顔のイメージを使用した製品の販売を許可しました。それが1891年に創業したクナイプ社です。

その7年後の1897年にクナイプ神父は召天しましたが、その志を受けつごうとする運動がおこるなど、創業以来、クナイプ神父の精神は現在に受けつがれています。

これはキリスト教的に考えると、彼に天から与えられた使命・賜物により、自身の生涯をささげるかのように人々を助ける大きな働きをされたのでしょう。本当に素晴らしいことです。

スポンサーリンク

クナイプのバスソルトの凄さ

筆者も10代〜20代の頃より何気なくお風呂で愛用してきたバスソルトですが、改めて凄さを実感しました。クナイプ社のサイトでバスソルトの秘密は二つあります。

バスソルトの一つの秘密は、ドイツ北部ゲッチンゲンにある製塩所「ルイーゼンハル」で作らています。何と欧州で唯一の釜を使用した製塩所です。地下460mからくみ上げた古代海水は現代的な化学汚染の影響を受けておらず、マグネシウムや鉄分、カルシウムも多く含んだミネラルが豊富なことです。だから、クナイプのバスソルトは体の芯まで温まるのです。

二つの秘密は、豊かなエッセンシャルオイルの香りです。体をぽかぽか温める効果が高い天然岩塩に加え、植物の力を集めたエッセンシャルを配合して、さまざまな香りの中から気分や症状に合わせて選べることです。

さて、今回は筆者が選んだ4つのバスソルトは次のとおりです。

まず、筆者にとって一番好きなのはネロリの香りです。ネロリの別名はオレンジフラワーと呼ばれ、穏やかな柑橘系とフローラル系の優雅な香りがリラックス効果や幸福感をもたらすからです。

ゼラニウム&パチュリの香りは、やわらかなフローラルの香りのゼラニウム精油に、大地を思わせる深い香りのパチュリ精油をブレンドしたもの。ゼラニウムは女性ホルモンのバランスを調え、肌の保湿効果やアンチエイジング効果もあります。パチュリは抗菌・消炎作用もあり、活力や創造力を高める効果もあります。

ラベンダーの香りは、鎮痛・鎮静作用もあり、精神を安定させるなどの万能効果が高いことから定番です。ラベンダーのルーツは、英語「lavender」からの外来語で、「洗う」を意味するラテン語「lavare」からです。

パイン<松の木>&モミの香りは、森林浴をイメージする通り、日々の疲れと緊張を解きほぐしてくれるよう香りです。

スポンサーリンク

バスソルトの注意点

率直にクナイプ社のFAQ「よくあるご質問」を全てご覧頂くことが確実です。ただ、筆者として気になる箇所のみをピックアップしてお話を簡単にまとめてみました。

お風呂の追い焚きや沸かし直しについては可能で、お湯を足したり香りが弱くなったら、バスソルトを適量追加してもOKです。ただし、お湯を2〜3日ため置きについては衛生上もあるので、お湯は毎日交換してくださいとすすめています。

次に、残り湯で洗濯ができるかどうかの質問では商品にもよるようです。残り湯で使えるバスソルトは、「オレンジ・リンデンバウム<菩提樹>の香り」、「ユーカリの香り」、「ワコルダー<杜松>の香り」、「ラベンダーの香り」、「ヘイフラワーの香り」、「ワイルドローズの香り」、「ウィンターグリーン&ワコルダーの香り」のみです。

スポンサーリンク

クナイプのその他

3年前にクナイプの特別企画でWebアンケート応募したら抽選で当選し、今でも一部を記念に保管しています。

クナイプ”WEBサイトについて”のアンケートが初めて当選が叶う!
前回の記事でもご紹介したことのあるクナイプについてです。SNSだけでもクナイプ愛用者から沢山のツイートが相次いでいます。クナイプでは...

クナイプのバスソルトは発汗作用と気分を整える優秀な入浴剤です。それに加え、クナイプ神父の信念として、「自然はすべてを与えてくれる」ことから、定期的な運動、健康的な食事、それに心のバランスが必要であることです。

又、2020年は新型コロナウィルスの大流行もあり、日々のストレスを感じている時こそクナイプを見直す良きチャンスです!

記事をご覧頂きありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク