パインバーク・ピクノジェノール松樹皮エキスの効果期待について実感

数年前、ピクノジェノールについて記事を載せました。近年ひそかに注目あびているピクノジェノールはフランスのボルドー地方の大西洋岸に生息する海岸松のこと。抗酸化作用、抗がん作用、アレルギー症状、婦人病の様々な症状に効果がありますが、価格は決して安くありません。そこで求めやすい価格のパインバークの効果について検証しましょう。

スポンサーリンク

ピクノジェノール・パインバークのすすめ

40代半ばである筆者もあらゆる老化を何とか遅らせるためにもサプリを続けています。

スポンサーリンク

ピクノジェノールとパインバークの違いは一体何だろうか?

個人的にピクノジェノールとパインバークの違いは何だろうかと調べてみますと、某サイトによればピクノジェノールとは海岸松の樹皮からスイスのホーファーリサーチ社が特許手法を用いて抽出した商標成分のことパインバーク(松の樹皮)とは、フランス南西部の特定の森だけに生息する海岸松の樹皮から抽出された天然成分とのこと。

結論はどちらも同じような成分だと認識しますが、よく知られているピクノジェノールは何故高価なのか?それは、ピクノジェノールの中でも「フランス海岸松」の松の樹皮より抽出されたものが、ブランド化されているだけです。

子宮筋腫経過観察日記:フランス海岸松エキスで女性の悩み解消へ期待
40代以上になって受け入れなければならない現実とは、体力の衰え、肌の衰え、白髪がもっと増える、そして子宮や卵巣の機能が衰えることなど例として挙げられます。避けられない老化というものは嫌なものです。しかし、どうせ年を重ねるにも少しでも老化を遅らせる手段は多くあります。その一つが女性の悩みを解消してくれるサプリです。

今回、注目すべし安価なパインバークは、ピクノジェノールでお馴染みのプロアントシアニジンという美容成分が豊富なことから「飲む化粧水」と言われるほどです。ですから、筆者としてはピクノジェノールもパインバークも効能的にどちらでも良いと思っていますが、やはりお手頃価格の方がいいです。

スポンサーリンク

パインバークの抗酸化力は最強なので飲み続けるべし

パインバークは、プロアントシアニジンというポリフェノールの一種が含まれており、何とビタミンEの50倍、ビタミンCの20倍の抗酸化力があるといわれています。期待される効果は次の通りです。

  • 美肌効果
  • 女性特有の悩みを改善する
  • 動脈硬化予防
  • 血流改善
  • 生活習慣病予防・改善

特に、女性にとって悩みが多い目尻・口元のシワやたるみ、月経前後の症状、更年期障害などの改善に期待でき、男女問わず年齢に負けない若々しさをキープしたいと思うならパインバークをぜひすすめたいです。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
スポンサーリンク

パインバークの実際の効果

パインバークを試した方々の口コミを拝見させて頂きましたが、「生理痛が楽になった」「シワが目立たなくなった」「肌がうるおった」「髪がサラサラ」などの声があがっています。又、逆にパインバークを一度やめたら乾燥やシワが気になってきたという声もあるようです。

筆者もパインバークが安かったので効果はどうか試しました。しかし、実は他のサプリと併用しているので一日おきの夜1粒ずつ飲んでいます。そのため、効果の実感は正直何とも言えません。

多少個人差はあるものの、少なかれ飲まないよりは全然マシとも言えます。筆者が飲み続けている結果、悩まされているPMSよる月一度の片頭痛(偏頭痛)やむくみは解消されていませんが、生理痛は今のところは楽です。また、肌の方も、乾燥によるニキビも少ないこと、何となく肌のハリとシワも気になりません。

どうやら、パインバークは特に肌には効果が期待出来るでしょう。ですから、これからも若さを保つためにもパインバークを継続するつもりです。

スポンサーリンク

まとめ

以上、そんなところでピクノジェノール・パインバークについて個人なりにまとめてみました。

  • ピクノジェノールとパインバークも松樹皮エキスなのでほぼ成分同じ
  • パインバークは、ピクノジェノールと同じくプロアントシアニジンというポリフェノールの一種が含まれており、何とビタミンEの50倍、ビタミンCの20倍の抗酸化力がある
  • 同じ効能があるなら、安価なパインバークがおすすめ
  • パインバークの効果は多少個人差あるものの、若さを保つために飲み続けた方が良い

記事をご覧頂きありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク