主の御心ならばまず実行

今でも夫婦二人でこれからの将来について計画し、実行への準備をすすめているところです。私はWEB関連の学習をしていると以前に何度も申してきましたが、最近夫から電子絵本を作って世界で売ってみてはどうか?とすすめられています。国内限定で商品を売ること自体高が知れているので、広い世界へ目を向ける必要があります。夫の話によると例えば外国人向け手作りの絵本を初めて世界中に売るとし、世界人口からみて99%売れなくても残り1%未満が売れれば良いということ。ただし、自分達の選んだ価格設定に対して何冊売れれば収益につながるのか?など細かい問題も出てきますし、素人の私達にとってもっと知らなければならない知識が沢山あります。

しかし、何事でも失敗を恐れては先が進まないし、とにかくまず世界で一つしかない絵本作りを夫婦で決めていきたいと思います。英語の文章は夫で、本の表紙デザインや絵は私が担当としました。絵のデザインはやはりAdobiの各ソフトが必要です。AdobiといえばDW(Dreamweaver)などが代表的ですが、電子書籍作りにはID(InDesign)というソフトがあり、これは既に夫が追加準備をしてくれました。絵はAI(Illustrator)もしくはPs(Photshop)で描いてIDにエクスポートする方法もあります。とにかくこの方法で、最初は練習だと思って夫婦ですすめてみることにします。

今の夫は心臓病のために外へ行って働くことが出来ない状況にあり、家にいてもあまり力仕事が出来ないため、本人は自分自身の無力さで一番辛い日々を送り続けています。この希望を失いつつある夫は、夫婦二人生活の将来を真剣に考えてくれるだけ妻の私にとっては凄いことです。夫も既にクリスチャンですが、今では教会や家庭集会にもずっと出席していません。過去に教団関連においていろいろと躓きがあったからですが、せっかく、いつもイエス・キリストがそばにいて下さっているのに彼はずっと御恵みを捨てた生活を送っている姿はとても残念です。しかし、主はいつか必ずまっすぐ信仰に立ちかえるようにして下ると信じ、主の時を待ち続けています。ですから、まずは夫婦揃って礼拝へ出席出来るようになりたいこと、これから計画しているビジネスや何事も主の御心を通してまっすぐ行っていきたい決心であります。信仰を失いかけている夫をフォローするのは妻である私の使命であり、最近の私は毎朝6時頃から30分間デボーションをしています。ルーテル向けの聖書日課とC・Hスポルジョンの朝ごとの祈りを朗読して主に祈りをささげています。さらに、聖書朗読は日本語と英語の交互に読みはじめました。

私は、下記の英語聖書オンラインを見つけました。無料で英語聖書がみられ、各英語翻訳バージョンも選択可能、さらに音声付なのでリスニングと発音の練習にもなれます。ちなみに、私は”NVI”の方で学んでいます。
http://www.biblica.com/bible/browse-books/

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク