真理の交わりめぐりの旅1

昨日はパート先の有休一日を頂いて、毎週水曜日の聖書勉強会へ初めて出席してみました。いつも我が家で行う家庭集会(家庭礼拝)とは基本的に同じですが、少し気分を変えて他の聖書勉強会の様子をお伺いしたいこと、身内だけの家庭礼拝にはないいろいろな人達と交わりたいと思ったからです。

 その前に、とても残念なことですが・・・私が通う教団には信仰について兄弟姉妹達との交わりや証をする会を行っていない珍しい教会です。いいえ、おかしな教会である確信しています。また、教会のオープンフォーラムや会衆会議である人が「証や信仰の交わり会」をやりたいと要望を出すと、必ず兄弟姉妹の誰かが反対してその要望をつぶしていまいます。(実際にあった出来事です。)もうここまできたら、私と同じ考え持った方は、教会の中では奉仕や伝道活動をせず、外で活動することになりつつあります。

私自身には正直いって、個人的に気軽に付きえる同年代の信仰の友と言える人はまだ出会っていませんが、同じ教会内で尊敬出来る姉妹は数人います。この方々は、私と同じように教会では却下された信仰の交わり場が欲しいと思うメンバー達です。その姉妹の内、台湾ご出身のR姉の御自宅へ是非足を運びたいと思ったら、神様はキチンと良いチャンスをお与え下さいました。

 この台湾人R姉の普段のご職業はエステシャン&メイクアーチストですが、住まいの1Fにはサロン、2Fはダイニングとリビング、3Fはおそらく寝室といった所でとてもゆったりして綺麗なお家でした。R姉はとても熱心な信仰と明るく寛大な方であり、私達や新しい方達にも快く大歓迎して下さいました。この居心地良い家には、宣教師(牧師)と教会関連の人達が集まり、お仕事関係では何と某有名人がアートメイクを受けに行く程、信仰的にも物質的に神様に祝された家であることが私にとって大きな刺激となりました。

 でも、R姉がこんなに大きな御恵みと祝福された背景には大きな試練を通られたからです。日本留学の時に日本人男性と結婚しまたが、言葉や文化の壁とお相手の姑から酷い人種差別的な仕打ち受けられて一人の娘さんを引き取りながら離婚し、そのトラウマで日本が嫌いになって一時は渡米されたそうです。R姉が米国滞在の間は、娘さんを台湾の御実家へ預けていたそうです。米国のロスに行ってからは日本の呪縛から解放されてより戻されました。何故なら、ロスの人々はとても大らかで心温かい人柄が多かったからです。R姉は、現地でアートメイクなどのアルバイトなどしていうちに、ある人から「エステシャンになってみたら?」とすすめられたそうで、さらに、この後イエス・キリストに出会い、R姉の心はみるみると変えられていったそうです。

 この時、あれほど日本を嫌っていたR姉は、聖書を学んでいくうちに隣人愛や敵を愛すことも含めて、日本人も愛すべきだと考え直し、もう一度日本に行って、ここで伝道活動とエステ自宅開業をスタートしたそうです。今では「私は、日本の人がみな大好き!」と言えるほどになりました。ちなみにR姉は、母国語と日本語、英語の三カ国が話せるのです。また、高校生くらいになった娘さんは、今米国に留学中です。(夏休みや冬休みは日本に帰国します。)ああ…、一度だけ短期の米国ホームスティしかしていない私にとって、長期海外滞在や英会話が出来ることはとてもうらやましいことです。(でも、留学は無理でも私は何とか独学で英語の勉強をがんばります!!)

  今回の聖書勉強会ですが、R姉宅へ訪問する予定であった米国宣教師は他のボランティアスタッフ達一緒に連れて被災地/宮城県気仙沼へ宣教ボランティアに行っているため、代理としてHS姉が聖書と信仰生活について御指導して下さいました。HS姉の普段のご職業は心のカウンセラーをされていますので、その賜物を活かしながら、もし宣教師が別件で忙しくてR姉宅へ訪問出来ない時は代理の先生となっています。HS姉はとても心優しい方であり、義母とはお互いに信仰や心の励ましを分かち合えるほどとても親しいので、以前は一度我が家にご招待をしたことがあります。

 私にとって信頼おける同教会の姉妹は、特にR姉やHS姉達のメンバーさんです。また、この方々をとても尊敬しています。ですから、R姉宅の聖書勉強会は、申し訳ないことですが、宣教師がいらっしゃる時よりもHS姉が代理されている時の方がよりリラックスしながら聖書の勉強や信仰についての語り合いがしやすいのです。それに、とても楽しく盛り上がるのです。でも、普段は宣教師による聖書のご指導も真剣に聞く姿勢はとても大事だと思います。つまり、毎日聖書を読むことがクリスチャンの基本であるからです。

 とにかく、私自身の自立したクリスチャンをめざす基礎として、まず信仰の友を見つけることであり、また姉妹達の交わり会に参加することが今年の目標としています。今回は、R姉宅の勉強会に参加出来た事が一歩前身となりました。まずは、また来月もしくは再来月以降でも、月一度はパートでの有休を頂いてからまたR姉宅へお邪魔したいと思います。同時に、私は他のプロテスタント教団へ足を運んでみたいです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク