一瞬ブームだった金環日食

今朝は金環日食を見たという方は多くいると思いますが、私の近所でも朝から騒いでいる人達がいました。私は別に日食を見なかったけど、今朝7時過ぎくらいだったか…確かに外が一瞬かすかに暗くなった感じはしました。

多くの子供達は学校の屋上や校庭など指定された日食用プレートで観察出来るチャンスがあったと思います。この日を楽しみにしていた純粋な子供達はここで多めに見てあげられます。しかし、金環日食ブームに流されている大人達の中ではちょっと問題を感じました。日食に関心を示している大人達は、前もって日食用サングラスなどを購入した方々が多くいらっしゃったことでしょう…。この高い値段で販売されている専用サングラスなどですが、どうやら粗悪品が多く出回っているのに関わらず、それでも品切れ状態には非常に呆れました。

今回の金環日食ですが、我が家は誰もあまり関心を示しませんでした。めったにお目にかからない金環日食のためにわざわざ高価な専用サングラスなど購入する必要あるのか?と疑問に思っていました。さらに呆れたのは、前日に気象庁が金環日食の中止を発表。本当は、今朝は曇りまたは雨で金環日食の観察は無理だと予想されていました。すると全国から苦情が大殺到!「せっかくのチャンスにどうして曇らせるのか」「見られないのなら金環食を延期しろ」「通販で買った遮光メガネの代金8万円を返せ」などの抗議のほか、「あんなに太陽を隠されては洗濯物が乾かない」などの勘違いを含め、大量の電話やメールが押し寄せ、一時回線がパンク状態になったとのことでした。しかし、気象庁の予報は見事に外れましたね。でも、どれこれも愚かにしか見えません。

それより、日食は自然現象ですし、大昔は誰も日食ということ自体は知らなかったと思います。ただ、日中なのに辺りが暗くなると「何か不吉なことが起きる。」と古代の人々は迷信を信じていたかもしれません。でも、科学が発達している今は日食という現象が証明されているので、この日に日食が起きると予想されればメディアやネットを通して私達にも簡単に情報を知ることが出来ますね。何でもそうですが、情報を知る限りは何でも珍しく感じると思います。もしくは、ちょっとのことでも大騒ぎになります。

ということで、金環日食はTVや動画で見た方が目のためには安全というわけです(^▽^)でも、金環日食ブームは一瞬で終了となりましたね。何だかあっけない~。。。

余談ですが、あるいくつかのサイトによれば日食が起きた数日後に大地震が起きたというデータが何度もあるそうです。どうやら、月と太陽の引力が地球に大きく作用することは科学的に証明されているそうで、独立行政法人「防災科学技術研究所」は10年1月に、「地殻のひずみが十分にたまったときに、月や太陽の引力が地震発生の最後の引き金になると考えられる」と発表し、日食が大地震を引き起こしてもおかしくないとのこと。でも、今回は絶対にそうならないで欲しいものです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク