サイクリング 金山公園へ

三連休の二日目、久々に夫と近所のサイクリングをしてきました。本当の目的はカルガモの雛を見に行くためなのですが・・・。取りあえず、清瀬の金山公園へ行けばカルガモの雛を見つけると事が出来るのではないかと思って出かけてみました。

金山公園へ向かう前に、自宅の近くにある柳瀬川でカルガモがいないかどうかチェックをしてみました。今年の近所の川では、あまりカルガモの姿を見ません。去年までは、あらゆる場所でカルガモが沢山いたような気がするのですが、やはり今年の天候や空堀川の工事などでカルガモが減ったのではないかと私自身は思います。

様子をよーくみればやっと一羽のカルガモを発見。

しかし、ヨレヨレと向こうへ行ってしまいました。

近所の橋の下にはいつもの鯉の群れがいます。ここは誰かしら必ず餌をあげていますので、私達の方に向けて餌を求めているような感じです。

橋の真上の電線には一羽の山鳩がうるさく鳴いていました。

ここは金山公園へつながる道です。夫の話では、この辺はくねぎが多いので多分カブトムシなどいるかもしれないと言っていました。ということは?スズメバチがいてもおかしくありませんwwww.

金山公園調節池まで着きました。この辺はよくカモが沢山いる場所です。

今回は、ここで一瞬カルガモの雛を見かけたのですが・・・残念ながらシャッターチャンスを思いっきり逃してしまいました。。。。非常に残念!それ以来、雛は再び見つけることは出来ませんでした。

池の小さな石の上でしょんぼりしているカルガモはどうみても元気がなさそう・・・。

すると、このカモの下の羽に注目して下さい。どうやらケガをしているように見えます。恐らく、おとといの夜半過ぎに関東を襲ったゲリラ豪雨で流されたりして被害にあったのではないかと思われます。

見て下さい。ここでのんびりと休憩しているカルガモが沢山います。

警戒心の強いカルガモを、こんな近くではっきりと撮影に成功しました。

この辺は結構カルガモの方が一番多いと思いますが、中には一羽だけ種類の違うカモを見つけました。多分マガモの雌だと思います。しかも、お腹も大きいです。写真では一見カルガモのように見える場合もあるかもしれませんが、明らかに大きさと模様が違いがあります。

ここで注目です。マガモはカルガモより一回り大きいです。頭も大きく、口ばし、さらに鳴き方も全く違います。私達が観察している限り、マガモはアヒルの鳴き方によく似ていました。

カルガモが羽を広げる瞬間が撮れました。

金山調節池を後にして、柳瀬川沿いの関越道方面へ向けて進んでみました。もうこの辺の道からはあまり舗装されていません。

しかし、この辺の柳瀬川はまだまだ自由に遊べる場であります。

それにしてもこの道は途中でどこかへ抜けられるのか?私はちょっと不安でしたが、取りあえず先頭の夫についていきました。

向こうにブランコが見えます。

ちょっと怪しげな歩道からやっと抜け、舗装された道に出てしばらくすると産業廃棄物所に通ります。すると、ここに二羽のカラスがいました。

彼らは何だかのんびりしているようで、それとも疲れ果てているかがよく分かりません。

これはある畑に咲いていた黄色いお花です。

以上、本日のサイクリングで撮ったフォトショーは終了です。しかし、カルガモの雛が撮れなかったことにに本当に残念・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク