再就職活動5

昨日、大手の派遣会社○○人事より仕事の紹介がありました。しかし、仕事内容は私にとって合わない営業事務であり、中途半端な時間給と埼玉県の不便な場所(環境悪そうな倉庫の可能性大)だったため即お断りをしました。その翌日、今日はもう一社大手のR社より新宿のOA事務を紹介されたのですが、社内審査が決まってから来週11日の顔合わせを予定していました。しかし、審査中に他の派遣会社で決定してしまい、本案件は無しとなりました。残念です!派遣の紹介とは、他の競合があることも現実です。こればかりは仕方がありませんが、これも神様の御心として受け入れました。

あなたがたは心を騒がしてはなりません。神を信じ、またわたしを信じなさい。(ヨハネの福音書14:1)

今まで長く精一杯働いてきたのに、突然のリストラや解雇に遭うとショックや焦りがあるものです。現在フリーの私も、この先はどうすれば良いか?これからどの道へ進めば良いか?分からないことがあります。しかし、イエス様は上記の御言葉の通りはっきりおっしゃられています。焦ってはいけない、つまり心を騒がしてはならないことです。とはいっても…イエス様を信じている私自身それを分かっているとはいえ、再就職先が決まるまではどうしても心が落ち着きません。

わたしはあなたに命じたではないか。強くあれ。雄々しくあれ。恐れてはならない。おののいてはならない。あなたの神、主が、あなたの行く所どこにでも、あなたとともにあるからである。(ヨシュア記1:9)

しかし、今日からルーテル聖書日課では旧約聖書のヨシュア記一章からスタートしたのですが、早速素晴らしい箇所を目に付きました。モーセの死後、ヨシュアが神様の約束の地を引き継ぐことになったお話です。ちなみにヨシュアとは「主は救い」という意味です。良い名前です!まさに、将来の救い主イエス様を預言しているようにみえます。また、「強くあれ。雄雄しくあれ。」という箇所は、ヨハネの福音書16章33節にて「世にあっては患難があります。しかし、勇敢でありなさい。」というイエス様から御言葉を思い出します。

下記、就職活動から仕事が決まった後も神様から離れないように私なりに大切なことを上げてみました。

  • 仕事の決まらない焦りや不安はいつも神様から忍耐と心の平安を求めること。
  • いつか各面接や派遣先の顔合わせがある当日、あまりにも緊張して自己PRであがりそううなら、面接官=人をおそれず、いつも万軍の主ともにおられることを忘れない。そうすれば、主は派遣元の営業のフォローを通したりなど、きっと何らかの形で守ってくださるだろう。
  • 採用の結果は神様の御手にゆだねる。もし、不採用なら神様の御心ではなかったと受け入れ、いつかは必ず御心が叶った正しい仕事や職場を与えてくださるのである。
  • 仕事が決まっても、自分の足りない部分や能力は常に神様から知恵と力を頂く。職場の中でも主の栄光と模範を示すことを忘れない。

以上、他にもあるかもしれませんが、いつも主ともにおられ、世の人をおそれず主をおそれることが出来るようになれば焦りも不安もなくなり、真理の自由となるのですから、私はそうなりたいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク