片頭痛(偏頭痛)の原因のひとつ”アレルギー”を疑ってみる

ずっと悩まされ続けている片頭痛(偏頭痛)の原因を追究!ひとつは生理前後の頭痛もあり、毎月の生理痛も含めて処方箋の鎮痛剤ロキソニンを必ず服用しています。これによって頭痛も抑えられていましたが、先日の眼科へ受診したら真実が明らかとなり、片頭痛のもうひとつの原因は”アレルギー”によるものではないと疑い始めました。

とにかく片頭痛をどうにかしなければ!

辛い片頭痛(偏頭痛)が起きると、家事や仕事、勉学などの大きな妨げとなる厄介なものです。片頭痛を引き起こす根本の原因を時間をかけてでも追及します。私自身はとにかく片頭痛をどうにかしたい思いで一杯で再びブログを書きました。

今年は婦人科・脳神経外科・眼科を受診

今年は三つの医者にかかっています。一つ目は大体3ヵ月置きに通う婦人科、二つ目は激しい頭痛と吐き気で地元所沢市内の大きな病院(脳神経外科)、三つ目は初めて近所の眼科へ受診したことです。三つの医者にかかる共通点は”頭痛”です。

婦人科

婦人科は、毎月つらい生理痛と頭痛に悩まされていたから通い続けています。今は軽度の子宮内膜症が消えて、子宮筋腫(膀胱のそば直径2cm)があります。ただ、個人の中で引っかかっていたのは片頭痛であり、確かに女性ホルモンの影響もあるようですが、まだ根本的な治療の段階ではありません。処方された鎮痛剤ロキソニンはあくまでも生理痛がメインであり、ついでに片頭痛も抑えるだけです。以前、婦人科の女医より”頭痛専門外来”を一度すすめられたことがありました。

脳神経外科

頭痛外来をずっと考えているうちに激しい頭痛・吐き気の発作で大きな病院の脳神経外科へ一度受診したものの、CT検査では脳の異常はありません。ただ単に片頭痛が起きていたので、トリプタン製剤(アマージ)を処方されました。このアマージは強力な片頭痛薬ですが、1錠につき高価なものですから、残りの分は激しい発作の時しか服用しないことにしています。

眼科

片頭痛の大抵は目がチカチカしたり、目の奥がズキズキするような痛みです。うちの義母が眼科でも診てもらった方がいいとすすめられ、先日は初めて眼科で受診しました。目の方も、時々”かゆみ”や”ゴロゴロ”もするのでずっと気になっていましたが、眼科医より一発で”アレルギー性結膜炎”と診断されました。

アレルギーと頭痛について調べる

眼科で”アレルギー性結膜炎”と診断されましたが、後でネットにて調べるとアレルギー症状には頭痛も載っていたことにピンときました。目のかゆみ、頭痛も引き起こすのもヒスタミンという物質が悪さをしています。

私と同じ片頭痛で悩んでいるある二人の方のブログを拝見し、お二人の共通は花粉などのアレルギーが原因だったらしく、眼科や耳鼻科より処方された抗ヒスタミン・抗アレルギーの薬を試したら、次の日より片頭痛が起こらなくなったそうです。

ということは、私自身も知らずに花粉症にかかっていた可能性があったということです。確かに、目も擦るほどかゆいし、ゴロゴロするし、時々鼻もムズムズしてくしゃみを3連発繰り返すし、何となくアレルギー性鼻炎などかなぁと思っていました。

片頭痛を引き起こす片頭痛の誘発因子は精神的因子・内因性因子(月経周期)・環境因子(天候や環境)・食事性因子などが挙げられますが、そこに花粉症などのアレルギーも視野に入れていきたいと思います。

ブログを見て下りありがとうございました🌼
ライフスタイルブログ ポジティブな暮らし