慢性胃炎は胃カメラで正解!ピロリ菌陽性でした

筆者は、8/14に総合健診センターヘルチェックで健康診断を受けた結果、胃部X線バリウム検査で慢性胃炎であると分かり、診察室の医師より1年以内にピロリ菌検査をすすめれました。その後、近隣の消化器科外来のある病院へ受診し、始めて胃カメラ検査を受けました。こちらで、何とピロリ菌陽性であることが判明したのです。

記事を読む

NO IMAGE

慢性胃炎と診断されたらピロリ菌検査を受けた方がいい

筆者は、8/14に総合健診センターヘルチェックで健康診断を受けました。結果、胃部X線バリウム検査で慢性胃炎であると分かり、診察室の医師より1年以内にピロリ菌検査を受けた方がいいとすすめられました。実は、昨年もB判定の胃炎でしたが、今年も正常へ戻るどころかC判定へ下がり、さすがに最寄りの消化器内科へ予約をしました。

記事を読む

派遣3年ルールが近づいたら今後について慎重に考えるべし

有期雇用派遣で働く方にとって一番不安となるのは毎度の契約更新です。派遣先で仕事している期間、いつ次の更新が出来ず終了するのか分かりません。平成27年3月に派遣労働法内に「3年ルール」が改正されたばかりです。同じ派遣先で働けるのは最長3年まで、それ以降の延長は出来ません。これについて筆者の体験を基に記録いたします。

記事を読む

派遣先3年目の健康診断も総合健診センターヘルチェックへ予約

人材派遣健康組合「はけんけんぽ」が解散し、協会けんぽへ移行して1年経過しました。さらに今年4月からは同一労働同一労働が実施され、福利厚生も新しくなり、健康診断の36歳以上「生活習慣病一般検診」及び36歳未満「法定健診」に加えて婦人科オプション(乳がん検診、子宮頸がん検診)が無料で受けられるようになりました。

記事を読む

残りの冷やご飯入りもっちりお好み焼き(卵なし)を作る

この時期は夏休みも多いでしょう。今年は新型コロナの感染拡大で帰郷も旅行も出来ず外出自粛となり例年の夏休みと異なります。おうち時間の過ごし方について某アンケートを拝見しますと運動、家事、料理などがあげられています。何と言っても人が生きていく上で食事は基本ですから、本題の通りを一つレシピご紹介させていただきます。

記事を読む

ゆるミニマリストへ!正しく服を捨て、少ない服で上品に着こなす

近年のミニマリストについて学んでいます。物や多くの情報が豊かに溢れている現代、たくさんの物をいくら手に入れても満たされなかったり、多くの物で必要な物が見えなくなって生きづらさを感じたら、自分ににとって本当に大事な物を見極めて必要な物だけにして暮らしていくこと。そうすることで心もすっきり豊かになれたら素晴らしいです。

記事を読む

派遣会社アデコより感染防止のノベルティグッズが突然届きました

8月1日には東海・関東甲信で梅雨明けが発表され、既に西日本では35度以上の猛暑になるところもあります。しかし、今年は新型コロナウィルスが拡大し、収束どころか第2波の懸念も強まり、なかなかマスクから開放されない状態続きです。そのため、夏のマスクは非常に熱中症のリスクが高く、各メーカーでは冷感マスクが次々売られています。

記事を読む

下腹ぽっこりの原因の一つは生理前に起きやすい

食べすぎているわけでもないのに、何故か下腹がぽっこりしていることはないでしょうか?筆者も下腹で悩む1人です。その原因はストレスや冷え性からもありますが、最も考えられるのは生理前です。女性がまだ生理があるうちはPMS(月経前症候群)で悩まされる方も多いことでしょう。お腹の張りは様々な症状をもつPMSが原因でもあります。

記事を読む

冷凍食品は本当に最高!肉めし(牛カルビ×焼肉たれ)を食する

誰にでも自宅の冷凍庫に必ずストックしてある冷凍食品についてです。お弁当の簡単なおかずとして、忙しくて疲れて料理が面倒な時、ちょこっと夜食などこれがあると本当に便利です。しかも、最近の冷凍食品はどんどん美味しくなっていると思います。今回、冷凍食品のうち是非おすすめしたい一品としてテーブルマークの「肉めし」です。

記事を読む

荒幡肉店(所沢市) 昔なつかし味コロッケで人気店を訪れて

埼玉・所沢市内在住でありながら、知らないところが沢山あります。旦那と一緒に東川沿いでサイクリングの通り道に肉屋さんがありました。昔ながらのコロッケなど地元の人々に愛され、地域メディアや雑誌でも紹介されている荒幡肉店です。創業は昭和7年だそうで、お店のレトロ感を漂わせながら、肉屋さんの揚げ物の匂いは食欲を注ぎます。

記事を読む