退院後、療養中に大助かり!生活クラブの簡単に作れて食べられる食品

本日は生活クラブの簡単で食べられる食品についてです!人生のうち、病気や怪我などで入院せざる負えない時もくるかもしれません。病院で治療を受けて退院しても、しばらくは自宅療養が必要ですし、日常生活へ戻すにしても、まずは食べる事から重要だと思います。こういう時こそ、安心・安全の生活クラブを利用するのが便利です。

プチぶらり散歩:退院後、リハビリのために晩秋の清瀬をゆっくり歩く

退院して1週間近くなる頃、少しずつ日常生活へ慣れるために簡単な食事作り、身体のリハビリに近所でのプチぶらり散歩を試しに始めております。埼玉県所沢市の我が家から数分にある東京都清瀬市の自然の残る散歩道を軽くぶらりと歩いてみました。やはり、自宅にこもるより、外の空気はリフレッシュとなります。

子宮筋腫観察日記:(回想)退院後は自宅療養とお見舞いや退院祝い

子宮鏡下手術をして数日経ちます。今の所は激しい腹痛とか発熱といったものはあまり感じません。ただ、全身麻酔による手術から、後で疲れが出ます。しばらくは手術で切除した傷口から多少の出血は続く為、無理の無い範囲で日常生活を送っています。さて、周囲よりお見舞いや退院祝いもあり、短期入院だったにも関わらず有り難い気持ちです。

子宮筋腫観察日記:(回想)子宮鏡下手術の翌日はすぐ退院・自宅療養

子宮鏡下手術は2泊3日の入院が一般的です。前日は手術したばかりに、翌日はもう退院であること自体、本当に信じられません。しかし、短期入院だからといって、治療法はあくまでも手術ですから、自宅へ戻ってきても最低限2〜3日間は自宅療養が必要で、個人差はありますが1〜2週間の間で元の生活へ少しずつ慣らしていく必要があるのです。

子宮筋腫観察日記:(回想)子宮鏡下手術は本当に痛みの少ない手術だ

入院した翌日、いよいよ全身麻酔による子宮鏡下手術(TCR)です。手術する前日の夜8時頃よりお腹を空にしなければなりません。手術当日は朝食と昼食を取らずの絶食状態、水分も朝7時半までにしか取れません。これからより、入院2日目の手術からその後の流れについて自分自身の体験を通して写真を載せたり、記事を書き伝えたいと思います。

子宮筋腫観察日記:(回想)子宮鏡下手術の準備・子宮口拡げる処置

とうとう入院の当日となりました。筆者のような子宮鏡下手術(TCR)の場合は、2泊3日の短期入院で済みます。ただし、対応できるのは粘膜下筋腫か子宮内膜ポリープに限ります。子宮鏡下手術の場合、子宮口を拡げる処置もあるため、前日から入院が必要です。この子宮口を拡げることは、手術よりも大変でした。では、入院1日目の流れです。

子宮筋腫観察日記:入院する前日、病院に近い実家へ1泊する(回想)

個人的な記事です。入院する前日は日曜日であるため、クリスチャンである筆者は、午前中は地元所沢市にある教会へ出席した後、お昼は東京都荒川区の実家へ帰って1泊することにしました。翌日は、電車の最寄り駅から30分くらいかけて草加市にある総合病院へ直行しようとの計画を立てておりました。この日の流れを写真を載せて振り返ることに。

【きよせの野菜】紫さつまいもでスイートポテト作りにチャレンジ!

自然や畑が多く残る東京都清瀬市の直売所で売っていた地元の紫さつまいもを買いました。もちろん、煮て食べても美味しいですが、試しに紫のスイートポテト作りにチャレンジしてみました。スイートポテトは人によって形など様々ですが、基本が分かれば難しくないと思います。

プチぶらり散歩: 東京都清瀬市 野塩団地内で秋祭りが行われました

久々のプチぶらり散歩の記事です。筆者自身は2日後で入院しますが、その前に旦那と一緒にリフレッシュしながら近所を歩きました。11月の上旬とは思えない日差しの強い温かい晴天が続いています。4日(土)、東京都清瀬市の野塩団地内の自治会によって行われた秋祭りの様子を観に行きました。

サクラマス&ノルウェーサーモン アボカド入りサラダすし丼 レシピ

本日は、サーモンの刺身を使ったすし丼の創作レシピです。実は生活クラブでとても貴重な北海道のサクラマスの刺身を初めて入手することが出来ました。これにスーパーいなげやのオリジナルブランドであるノルウェーサーモンの刺身を追加し、アボカドなどの野菜を加えたサラダ風すし丼を作りました。これからレシピをご紹介します。