生協パルシステムで購入の可愛い和菓子『松江福田屋 朝顔上用』

今回、生協パルシステムで松江の和菓子を購入しました。以前にもいろいろ松江銘菓を購入したこともありましたが、また違ったものをご紹介したいと思います。それが、松江福田屋「朝顔上用」です。以前、味わったことのある栗朝汐のような和菓子に近いですが、夏の朝顔をイメージにしたもので見た目も可愛いくて美味しいです。

スポンサーリンク

松江福田屋

福田屋は、大正2年(1913年)初代福田兵次郎氏が松江市中原町に開業したのが始まりだそうです。2代目福田久蔵氏は松江の老舗盛大堂様より江戸時代から伝わる伝統銘菓「柚餅子(ゆべし)」を継承し、現在に至るまで看板商品となっています。現在、3代目の福田正義氏が百余年の伝統の重みを受け継いでいます。原材料を出来るだけ地元の国産にこだわり、安心・安全なお菓子作りを目指している老舗です。

スポンサーリンク

朝顔上用を食べてみましょう!

さて、朝顔を味わってみるとことにしました。山芋と上用粉で作られた生地はとてもしっとり、もちもちとした食感があり、中身はまるで羊羹のようなこしあんがしっかり入っています。また、上品な甘さです。

ちなみに、朝顔上用の上用は、上用饅頭ともよく聞きますが、一般的に入学祝い、婚礼の引き出物など贈答用に用いられる饅頭のことです。本来、薯蕷(じょうよ)饅頭と呼ばれ薯蕷とは大和芋、山芋などの意味があります。すりおろした大和芋・山芋と米粉の皮で、あんを包み上げた蒸し饅頭のことを薯蕷饅頭と呼びます。

また、その昔、高価な砂糖や小豆を使った饅頭は位の高い人たちしたか食べるられなかったため「上に用いる=上用」と名づけられたことからだそうです。

スポンサーリンク

松江銘菓に関連する記事

少し古いですが、松江銘菓に関連する記事も貼っておきますので合わせてご参照下さい。いずれもパルシステムで購入しています。

パルシステムのお菓子/今回は松江・京都・愛媛の銘菓をおうちで堪能
今月より再開注文が始まったばかりの生協パルシステムですが、メリットとしては生活クラブより品数があることです。特に、お菓子・スィーツに関しても種類があり、中には週替わりのご当地の銘菓もあります。普通は欲...
珍しい松江銘菓:風流堂『くろがねもち』
前回でも松江銘菓をご紹介したばかりですが、今度は「くろがねもち」についてです。玄米粉・黒糖・くるみ。これを素材にていねいに練り上げた「くろがねもち」はもともと松江城山にあった天然記念樹「くろがねもち」...
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
珍しい松江銘菓:風流堂『朝汐』
和菓子派もしくは洋菓子派と好みはそれぞれですが、本日は和菓子についてです。和菓子好きの方々でも意外と知らないではないかと思いますが、日本三銘菓と呼ばれるものがあります。金沢の森八『長生殿』、越後の越乃...
松江銘菓 出雲王朝を味わってみた
義母が会員となっている生協(パルシステム)のチラシの中で、松江の珍しい和菓子を見つけ、これを義父が私達のために注文して買ってくれました。とても涼しげな透き通った和菓子です。 松江銘菓 出雲王朝 先...
スポンサーリンク

ひとこと

パルシステムは、松江の和菓子なども週替わりで売っているので、行きたい所へ旅に行けなくてもご当地のお菓子が配送料お得に購入出来ます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク