WordPressのアドレス変更間違いでログイン出来ない場合のメモ

設定

スポンサーリンク

WordPressアドレスの一般設定の間違いでログインが出来なくなってしましった!

今日は、ワードプレスについてです。私も含めて初心者がよくやりがちなのは、WordPressのダッシュボードにある「設定」-「一般」のURLの変更で間違えてしまうことです。これによってせっかくの作り上げたサイトが崩れ、管理画面のログインさえ出来なくなってしまった場合は焦ってしまいます。しかし、慌てずにIT専門のサイトへ検索して応急処置をしました。いろいろ方法を調べた中で、2種類の例をあげてみます。

 FTPツールを使用する方法

wp-config-php

wp-config-phpを選択してダウンロード

  1. WordPressをインストールしたFTPサーバーからwp-config.phpファイルをダウンロード。
  2. wp-config.phpをダウンロードしてテキストなどで開き、ファイルの適当なところに一行を追記。
    define(‘WP_SITEURL’,’WordPress のアドレス(URL)’);
  3. 追記済みのものをFTPサーバへアップロードして上書きする。

これでログイン出来れば完了です。

phpMyAdminでデータベースを修正する方法

レンタルサーバなどのサイト管理画面から phpMyAdmin を使ってデータベースを直接修正

お断りあくまでも自己責任でお願いいたします。

※基本は「wp_options」という名を探す。(wp1.wp2...などは複数のデータベースがある場合なので気にしなくてもOK)

※基本は「wp_options」という名を探す。(wp1.wp2…などは複数のデータベースがある場合なので気にしなくてもOK)

1. 手持ちのレンタルサーバの管理画面からphpMyAdminに入る。wp-optionsというものを選択する。
wp_options_siteurl
2. option_nameのsiteurlの行を開く。

option_value
3. option_valueに正しいURLを変更して保存する。
以上、ログイン出来るようなれば完了です。ちなみに私自身はこのデータベースの修正方法で解決しました。(正直にいって、phpMyAdminのデータベースを触れることに勇気が入りましが、何でも慣れだと思ってのチャレンジ!)

その他(参考リンク)
WordPressフォーラム
UP Blog
creive
ゆめぴょんの知恵
他にもたくさん教えていただけるサイトがあります。

最後ですが、基本的にWordpressアドレス(URL)はよっぽどの理由でない限り下手にいじらない方が無難であることがよく分かりました。間違ってもここには触れないようしようと気を付けようと。しかし、二つの応急処置を知っておいた方が後々良いと思います。奥の深いワードワードプレスに限って、まだまだ知らないことが多くあるので、これらに詳しい方たちのサイト(検索上位の高い人気サイト)を参考にしながら学んでいく他はありません。何でも学ぶことは経験。すべてのことは決して無駄ではない!と言い聞かせております。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク