プチぶらり散歩:やっと連休!東京・清瀬の残る自然をのんびりと散策

プチぶらり散歩を更新です。今年もGWですが、某アンケートの統計(投票数1,865票)によれば、1位は「家で過ごす」44.3%、2位は「仕事」19.3%、3位は「予定が決まっていない」7.6%、次に大差はなく「国内旅行」7.5%という結果です。海外はわずか1.4%少なく。やはり、家でのんびりしたい人が多いのに驚きです。

スポンサーリンク

連休は家でのんびりもいいけれど、お金のかからないお散歩もおすすめ!

連休、家でのんびりしたい人たちの一日には個人差があると思いますが、本当に休日を有効に過ごしたければダラダラするよりも早朝に起きたり、近くへ少し散歩するだけでも違ってきます。散歩は誰にでも出来るし、しかもタダだからです。さて、筆者たちも連休は遠出をせずに、家で過ごしつつも近くの自然が残る清瀬の方へ散歩は欠かせません。これから、清瀬の散歩道をいつもどおり写真を更新しました。

清瀬せせらぎ公園

まず、現在の清瀬せせらぎ公園の様子です。すっかり草ば茫々と生い茂っていて小川が隠れてしまっている程です。

昨年の春夏と同じ公園にカルガモの番の姿をいつも見かけます。もしかして、昨年と同じ二羽のカルガモなのかは定かではないけれど、彼らはこの公園全体が気に入ってしばらく住み着いているのかもしれません。何故なら水も草も充分な場所だからでしょう。

いつもの宮下橋の下には多くの鯉やニジマスが元気よく集まった泳いでいます。

さっきのカルガモたちはずっと同じ場所でうろついています。カルガモは複雑な人間界とは違って仲良くのんびり自由で良いです。

清瀬せせらぎ公園でもっともおすすめスポットはやはり雑木林が広がる遊歩道です。毎年夏はホタルが見られるチャンスが一度あります。ただ、虫が多いのが難点・・・。

上の写真はちょっと前のものですが、このエリアにも同じ二羽のカルガモがいたりします。

4月から5月で観られるシャガという花がこの公園内ではあちこちと咲いています。

公園の終点は柳瀬川との合流地点です。デッキにはゆっくり休憩出来る木のベンチも設置。

公園の奥のエリアはとても静かでリラックス出来ます。この辺にもたまにカルガモがいたりして心が和みます。

公園内で野良猫

近頃、清瀬(東京)と所沢(埼玉)の境で、行方不明になっている猫の捜索ポスターがあちこちではられています。飼い主さんは所沢から清瀬に引越して間もなくスキで逃げてしまったようです。猫がいなくなってあれから3週間経っている状況・・・。

すると、清瀬せせらぎ公園の遊歩道の向こうに黒と白のブチ猫を旦那が発見し、筆者は持参のカメラ撮りました。しかし、あのポスターの猫かどうかは顔の正面をみて特徴つかめません。

我々はその猫を追いかけてみました。

猫はなかなか正面を向いてくれません。しかし、ポスターの特徴の一つである赤い首輪らしきものがないのし、尻尾の方も大きくまあるいというわけでもないので全く違う猫でしょう。

一日も早くポスターの猫が飼い主の元へ無事に戻れるよう祈ります。

清瀬のランまつり開催中

清瀬市中里一丁目付近の雑木林内では、3月辺りからランまつりが開催されています。我々の先月に同じ場所へ訪れた時はシュンランが咲いていましたが、現在は黄色いキンランがちょうど見頃です。

清瀬からみた面白い空の様子

散歩しながら空を見上げると、煙のような雲がありました。

これって地震雲なのか?と思い込んでしまったりします。

煙のよう雲の隣にも妙な雲がこの電線に沿っています。雲はいろんな種類があって面白いと思いますが、これも神様による創造作品です。

しばらくすると、薄雲の中から月が見えてきました。これもアート!

さらに月はハッキリとあらわれました。もうすぐ満月が近づいています。

それでは良い休日を!

ブログを見てくださりありがとうございました📷
ブログ村 ライフスタイルブログ
ライフスタイルブログ ポジティブな暮らし

スポンサーリンク