プチぶらり散歩:梅雨時の雨上がり柳瀬川周辺(所沢市)の小さな発見

プチぶらり散歩を更新しました。もう夏至が訪れてしまいまいましたが、この週は梅雨時もあって曇りや雨の日と重なっており、本当はお天気であれば昼間が長く感じたかもしれません。しかし、それでも午後7時を過ぎても明るく感じます。ただ、夏至を過ぎるとちょっとずつ日が短くなっていくものです。また、既に6月というのは一年の半分です。

スポンサーリンク

雨上がりの柳瀬川沿いをぶらりと歩いて見つけたもの

20日(水)は朝から強い雨が続き、近くの職場まで自転車通勤で大変だったのですが、夕方5時の定時で上がる頃には雨が止んでいました。この日は肌寒かったのですが、少し散歩するにはチャンスだと思い、一旦自宅へ戻って留守をしていた旦那と一緒に再び外へ出かけました。雨上がりはそれなりの違った景色があり、この記事に新しい写真を載せました。

柳瀬川(柳瀬橋/所沢市・清流苑付近)

地元所沢市の清流苑を流れる柳瀬川です。柳瀬橋(下流方面)から撮った景色ですが、ご覧の通り、強い雨が降った後なので川は濁っています。生い茂る木や草に狭まれてまるでなんちゃって南米アマゾンをイメージしています。

草に咲くアジサイのような形の花は、たぶんボタンクサギという花でしょう。可愛いピンクに咲くボタンクサギは外来種のひとつで、中国南部からインド北部が原産のようです。

ボタンクサギの蕾も鮮やかでキレイです。

練馬所沢線(下安松工区)

小金井街道を結ぶ新しい橋の道路ですが、まだまだ作業が進んでいない状態です。いつになったら完成するのか?いつも旦那とそんな話をしています。たぶん、2020年の東京オリンピックの時期と合わせている可能性はあるかも。

この橋が開通すれば、東所沢方面はあっという間です。何とか早く完成して欲しいですね。

某民家のかりんの木

新しい道路工事現場の近くにりっぱな地主の大庭があり、そこにかりんの木には青い果実が成っています。秋になればあの黄色い果実へ変わるものです。

柳瀬川(東京都清瀬市・埼玉県所沢市境付近)

上の写真ですが、一見どこかの遠くへ行った岩山の自然のように見えます。

また、どこかの清流のようにも見えますが・・・。

ただの地元に流れている柳瀬川沿いを歩いているだけです。(笑)

一羽のマガモ(アオクビ)

雨で濁った柳瀬川でもちゃんとカモが泳いでいました。

カルガモの親子

この日、カルガモの親子の姿がありました。しかし、ご覧の通り雛がたった一羽しかいません。残念ながら他の雛たちは外敵に襲われたか、もしくは強い雨の濁流によって全滅した可能性があります。

野鳥の世界も、我々人間からすれば自由のように見えても実際は厳しいものだと感じます。親ガモはたった一羽の雛を大事に育てている様子です。

雛が地上に上がっても親ガモは絶対に目を離さないようにしていました。

他の失った雛たちと同じ目に合わせないように、外敵が近くにいないか警戒して落ち着きがない様子でした。このたった一羽の雛だけでも無事に大きく成長していくといいですね。

こちらは再び清流苑の川沿いに咲いている白いムクゲです。ムクゲを見るともう夏が近いと感じます。

ブログを見てくださりありがとうございました📷
ブログ村 ライフスタイルブログ
ブログ村 ポジティブな暮らし

スポンサーリンク