計画停電による影響

私は今日18日と22日の有給を取っている。

合わせて五連休となるので、こうゆう不安定な状況にはちょうどいい。

第一グループの所沢市は、今朝6:20から10:00まで計画停電を実施。

今日は二回目の停電13:50から17:30については中止となり、ほっとした。

しかし、計画停電の地域によるばらつきが本当に明らかである。

所沢市のおとなり東京都清瀬市も第一グループだが、清瀬市のホームページをみると計画停電”除外”となっていた。

清瀬市は、おそらく病院の町であるからだと思われる。

また、さらに清瀬市のおとなりの東久留米市も第一グループだが、ここもなんと!”除外”であった。

一体どうゆうことなんだろう・・・。

やはり、東京都郊外でも23区に近いところ、もしくは大きな国道や大きな街道などある地域は特別になるのかもしれない。

しかし、所沢市は国道もなければそれほど大きな街道は少ない地域であるので、計画停電対象地域になるのだろうか?

計画停電を否定していないが、もっと都心でもうまく調整してもらいたいと思う。

また、通勤・帰宅、会社などの勤務時間にも何とかして欲しい!

計画停電で自宅待機している人達の中には派遣社員やパートなども沢山いる。

正社員の人々は自宅待機しても普通にお給料を貰えるが、パート勤務の私も含めて非正規雇用者にとっては大きなダメージとなる。

限られた勤務時間以外、計画停電時間帯は結局”無給”となる。

この世は、いろんなことが起きると、まずは弱者から犠牲になってしまう。

計画停電で仕事が出来ない非正規雇用者達のお給料を、国と企業側は何とか頑張って保証して欲しいと願う。

しかし、それよりも今年4月の一斉解雇が気になる。

また、わが国の財政も限界があり、これからは多くの失業者や生活困窮者があふれて国内でもっとも深刻化がすすむであろう・・・。

それには、多くの日本人が誤った数多い偶像礼拝を捨て、全世界をお創りになられた本当の神様を求めて信じることが出来ますように、何としても日本は滅ばずに、日本国民一人一人の生活が保障されて救われますように毎日心よりお祈りします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク