あらびっくり!我が家の庭よりキモ可愛い訪問者 カナチョロ

我が家の住まいは一軒家であり、草だらけの庭が有ります。そこには小さな野鳥が止まったり、花が咲いていると蝶々、蜂、カナブン、などが飛んだり、草の下にはバッタ、カマキリなどの生き物がいます。「どんな家だっちゅうの?」と思いますが、その中でキモ可愛い訪問者が現れました。さあ、だれでしょう?

スポンサーリンク

本日の我が家の庭よりキモ可愛い訪問者とは?

その前に、まず爬虫類の苦手な方はこのブログを閉じて下さいね。逆にご興味あるかたは以下の写真と少しお付き合い下さい(^^;)

外の網戸にしがみつくカナチョロ

ある日、我が家のダイニングで旦那と会話している途中、向こうのお庭側の網戸へ目線を向けた瞬間、何か蛇のような生き物が大胆にしがみついていることに気付きました。そっとそばへ近づくと尻尾の長いカナヘビでした。筆者は別名で「カナチョロ」とも呼んでいます。

ニホンカナヘビは、カナヘビ科カナヘビ属に属する爬虫類の一種です。ニホントカゲと並んで、日本列島に多く生息しています。中には捕まえる人も少なくありませんが、よく庭や公園などでよく見かける身近な生き物です。

一見、カナヘビとは言っても手足もあるし、尻尾だって切れても再生するトカゲとよく似ているんですが、特徴的な違いがあります。ウィキペディアのニホントカゲと比べて見て下さいね。

この子は本当に可愛い顔しているけれど、爪は鋭くて痛いです。平均寿命は約7年くらいで、飼育環境によっては10年と割と長生きなんだなぁと思います。捕食は昆虫やクモ、ワラジムシなどですが、天敵は小型哺乳類や鳥類、ヘビなどです。どの生き物の世界も大変です。

追伸

我が家で見ている限り、カナチョロ以外にヤモリもたまにお風呂場の網戸にペタッとしがみついている時もありました。そこでジッとしているヤモリも可愛いです。家の周りにトカゲ類がいるということは害虫も食べてくれるからありがたい生き物です。

ブログを見てくださりありがとうございました🌻
ライフスタイルブログ ポジティブな暮らし

スポンサーリンク