子宮筋腫経過観察日記:フランス海岸松エキスで女性の悩み解消へ期待

40代以上になって受け入れなければならない現実とは、体力の衰え、肌の衰え、白髪がもっと増える、そして子宮や卵巣の機能が衰えることなど例として挙げられます。避けられない老化というものは嫌なものです。しかし、どうせ年を重ねるにも少しでも老化を遅らせる手段は多くあります。その一つが女性の悩みを解消してくれるサプリです。

スポンサーリンク

フランス海岸松エキスで女性の悩みを解消する

少しでも重い月経症状を軽減したいと努力している女性の間では既にご存知であるかと思います。フランス海岸松とは別名でピクノジェノールです。欧米ではフランス海岸松樹皮末は子宮内膜症、月経困難症(PMS)、生理痛、更年期障害などの症状を緩和し、抗酸化作用にも効果が高いとされている民間薬であります。

フランス海岸末エキス(ピクノジェノール)

以前購入した米国のピクノジェノールは値段が高めです。これを毎日飲み続けようと思うとコスパも気になります。ネットでどこかのお店で少しでも安くて量の多いサプリを求めて、たどり着いたのは上記の写真になります。補完医療製薬のピクノジェノールです。

ただし、今のところは体験した口コミ情報がまだありません。でも、補完医療製薬のサプリ成分はフランス海岸松樹末120mm、松樹皮エキス末10mg、ザクロ種子エキス末80mg、プエラリア末30mg、レッドクローバーエキス末80mgが含まれています。いずれも女性にとって嬉しい成分揃いです。しかも、約180日分もあるので1日2粒ずつ飲めるというのは、もしかすると何かしら効果へつながる期待があるのではないかと思っております。

子宮筋腫や子宮内膜ポリープにもフランス海岸末エキス(ピクノジェノール)は有効化か?

現在、年内11月上旬の子宮鏡下手術まで待機療法(生理を止めるホルモン療法)を受けている最中です。筆者の場合はリュープロレリン(リュープリン)1.88の注射をわずか2ヶ月間ですが、長い人は3ヶ月以上なので更年期障害のような症状が強く出るそうです。そのため、この療法は最高6ヶ月までしか使用出来ません。

一度出来上がってしまった子宮筋腫(筆者は粘膜下筋腫(変性))もしくは子宮内膜ポリープをこのまま小さく消えてしまうということは無いでしょう。こうなったら手術で切除する他はありません。

ただし、これから新たな子宮筋腫・ポリープなどを増やさないこと、重い月経症状の緩和、更年期症状の緩和、ホルモン療法による副作用の緩和への目的であればピクノジェノールは有効のようです。だからこのサプリをずっと試して損はないだろうと思っています。

どうせ年を取っていくのならキレイに年を取りたいもの

筆者の場合は既に25才過ぎてから白髪が徐々に生え始め、年齢が重なれば重なるほど増えていき、40代超えた今では白髪染めをしないとどうにもならない状態です。おまけに元々硬くてまとまらない量の多いくせ毛に白髪ですから髪自体は老けた印象になるのが嫌です。

また、肌もこのところ乾燥と毛穴が目立って、さすがに肌の衰えも感じております。

だからこそ、抗酸化作用もあり、「飲む化粧水」と呼ばれるフランス海岸松末エキス(ピクノジェノール)で補い、ストレスをためない生活を心がけてキレイに年を取っていきたいですね。

今度の病院は10月3日です。ホルモン注射を受ける前に術前検査が控えており、この日は朝早くて朝食も取ることも出来ません。ちょっとキツイ。。。

ブログを見てくださりありがとうございました✿
ライフスタイルブログ ポジティブな暮らし

スポンサーリンク