コスパ最高!IKEAのLEDティーライトでクリスマスキャンドル

Advent photo

12月1日から24日までアドベント (Advent)です。日本語では待降節(たいこうせつ)と呼び、イエス・キリストの降誕(クリスマス)を待ち望む期間です。日本でもイベント習慣として早々とデパートや街並み、あるお宅では既にクリスマスのイルミネーションで輝いています。そこで、この時期にはLEDキャンドルも便利です。

スポンサーリンク

GODAFTON グダフトン LEDティーライト

LEDキャンドルはいろんなところで売っていますが、まるで本物のキャンドルのようにゆらぎ、心地よい光が良い感じです。もちろん本物の炎がついたキャンドルがもっとも良いと思いますが、もし誤れば火災が発生するリスクがあります。その点、LEDキャンドルは特に子どものいる家庭でも安全に使えます。さて、IKEAでも『GODAFTON グダフトン』というLEDティーライトというものも売っているので是非ご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

LEDティーライトの特徴

だいぶ以前、筆者がたまに東京・立川へ用事があった際、ついでにIKEA立川へ見つけたアイテムグッズが『GODAFTON グダフトン』というLEDティーライトです。しかし、買っておきながら、自宅でずっと眠っていたままでしたが、ついに今年、我が家のクリスマス飾りに初めて使ってみました。IKEAの場合、1箱6ピースで¥1000円以下(電池は別売)です。特徴は室内と屋外用として使えるので、お部屋のインテリアとして、もしくはキャンプなどのアウトドアでもOKです。

スポンサーリンク

LEDティーライトの電池

電池を入れる際は、プラスドライバーでネジをゆるめてから蓋を開け、またネジで閉めます。少々面倒ですが。

GODAFTONのLEDティーライトの機能として内蔵タイマーがあらかじめセットされています。点灯後6時間たつと自動で消灯し、その18時間後に自動で点灯します。

さらに、LATTBOJ/プラットボイ リチウム電池(CR2032 3V)を使うと70時間点灯するそうです。1日に6時間使用した場合は、12日間もちます。

スポンサーリンク

LEDティーライトの明るさ

我が家の暗い玄関にLEDティーライトをスイッチONしてみますと、1個だけでもかなりの明るさです!クリスマスには家中のイルミネーションを豪華に飾りたくても電気代などがかかったりして無理がありますが、ささやかなキャンドルライトならコスパ最高ですし、心地よい光が心を和ませます。クリスマスだけではなく、例えば寝室の照明として、屋外の照明としても色々と用途が幅広いです。

スポンサーリンク

最後に

IKEAのLEDティーライトもなかなかのすぐれものです。以前にもブログでご紹介しましたLEDブロックキャンドルも室内・屋外と対応しており、タイマー内蔵で、毎日同じ時刻に自動で点灯し、6時間後に消灯します 。いずれも、地震などの災害より停電が起きた場合はとても役立ちますので常備することをおすすめします。

以上、ブログをご覧頂きありがとうざいます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク