プチぶらり夜散歩:練馬所沢線(下安松地区)工事の進捗状況は?

12月第一週半ば、勤め先から帰宅した後、旦那と近所の散歩をしました。近頃はあまり歩いていなかったので久しぶりです。さて、地元、所沢市下安松地区では柳瀬川の第二の橋を作る工事、すぐそばの小金井街道と分岐して東所沢方面へつながる新しい道路工事など来年のオリンピック前に合わせるように春頃には完成へ向けて進行中です。

スポンサーリンク

完成へ近づく所沢市下安松地区の新しい道路

小金井街道の東京都と埼玉県とつながる清瀬橋付近、練馬所沢線の下安松地区では道路拡張整備が昼夜問わずに急ピッチです。

柳瀬川 第二の橋工事(下安松付近)

東京都清瀬市と埼玉県所沢市との境に流れる柳瀬川ですが、所沢市下安松付近の住民にとって長い念願であった新しい第二の橋が追加されます。その目的は救急車や消防車なども通りやすいように整備するためです。上の写真は2019年12月5日現在個人で撮ったものですが、既に奥には新しい橋が見えます。この辺りはかつて住宅と雑木林で覆った何となく寂しいような場所でしたが、今では完全にすっきりしてまいました。しかし、来春の完成後は橋へつながる広い舗装道路へとなります。

東京狭山線(下安松地区)工事

筆者たちは小金井街道をこれから横断しようとしています。上の写真をご覧いただくと、この辺りはかつての信号付き横断歩道がありましたが、今では撤去されて清瀬橋近くへ移動してしまい、ここからは横断出来ない状態です。

まず、所沢方面の道路工事の様子です。向こうの輝く高層マンション辺りが新しい道路の方です。筆者たちはこれからそこへ向かいます。

次は、清瀬方面の様子です。先へ行くと新しい信号なのであちらから横断します。

横断したら所沢方面へ戻るように歩くと、東所沢へ向かう新しい道路と突き当たります。夜のなので暗いですが、開通後はもう少し外灯が増えるかもしれません。

まだ作業トラックなどが止まっていますが、道路自体はほぼ完成しているように見えます。一日も早く東所沢方面の近道としての開通をみな誰もが待ち望んでいます。

東所沢和田の丘から眺めた夜景

東所沢へ行く際、新しい道路が開通するまでは、丘を超えるのに高層マンションの脇にある急階段を上がるか、遠回りの各坂を上がらなければなりません。これらが結構きついです。しかし、天気の良い空気の澄んだ日は丘から眺める夜景は最高です。遠くは東京スカイツリーなども見えます。

違う角度から眺めると、真下は小金井街道(清瀬方面)、遠くは新宿副都心線も望めます。

しばらくすると雲に隠れていた月が顔を出してくれました。

さて、そろそろ自宅へ向かおうと、帰りはこの角度45度くらいある馬坂から下ります。決して広いわけではないのこの急坂は車の通りも多く、歩行者や自転車運転者にとって危なっかしい所です。現在、地元ドライバーにとって、東所沢と小金井街道へ往復向かうための一番の近道でもあります。来春、新しい道路が完成したら、筆者たちもこの急坂はあまり利用しなくなるでしょう。

以上、ブログをご覧頂きありがとうざいます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク