病院での差し入れについて

現在、新型肺炎コロナウィルス(COVID-19)による緊急事態宣言が全国に広がり、特に医療機関にお勤めされている方々もとても大変そうです。ウィルスに感染した患者数が急増して医療崩壊の危機が起こる前から、他の重病で入院している患者さんへの家族も含む面会を禁止しています。では、差し入れについてはどうなのか?考えます。

スポンサーリンク

医療従事者への差し入れはいけない?

本題の通り、病院への差し入れについて筆者たちも悩みました。例えば、重病で入院している自分の親を懸命に尽くしてくれた医師や看護師に何かお礼したくなる気持ちが自然に湧きます。そうなると、お菓子等の差し入れをどうするか?について個人的な経験を通して記事にしました。

まず、入院患者への差し入れは原則禁止

医療従事者への差し入れについての前に逆のお話をさせていただきます。筆者自身も以前に婦人科系手術治療で入院した経験も含め、どこの病院でも入院説明の時はとにかくお見舞い・差し入れに食べ物の持込もしくは患者自身が勝手に売店へ買いに行くことは原則禁止です。それは食事も治療の一環として、管理栄養士がその人の病状とカロリーなど調節した病院食を出すからです。

しかしながら、現在は新型肺炎コロナウィルスの感染防止策強化により家族でさえ面会は禁止ですからお見舞い・差し入れも尚更いけません。

医師・看護師への差し入れも控えるべし?

前者も差し入れはいけませんが、医師・看護師にお礼としてお菓子等の詰め合わせを差し入れすべきかについてお答えしましょう。

病院によって差し入れを受け取ってくれる場合とそうでない場合もあるようです。後者はお断りの張り紙を貼っている所もあるようです。患者さんの入れ替えの多い病棟では毎日のように頂き物が多く、誰から頂いたものかもわからない状態でナースステーションに山積みになってしまうこと。

筆者の義父が入院している病院の場合ですが、ある日、ナースステーションで他の患者さんのご家族からお礼の菓子折を看護師さんが受け取っていた姿を見かけました。それでは、我が家も何か差し入れをする必要があるのではないかと、つい先日は看護師さんに菓子折をお渡ししようとしたら、「一切お受け取ることは出来ません」ときっぱりと断られてしまいました。この間は他の患者さんのご家族のお礼を受け取りながら、何故、我が家のものが受け取れなかったのか未だ理由は分かりません。

個人的な結論

しかし、某医療従事者のブログを拝見した際に、お礼の品よりも「ありがとう、おかげで元気になりました」と笑顔で退院していく患者さんを見送ることが出来る方がよっぽど嬉しいとありました。ですから、この機会に病院の差し入れについては慎重に考えるべしと気付かされました。

記事をご覧頂きありがとうございました。

クリックはご自由に!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク