ドン・キホーテで!丸山珈琲監修アーモンドチョコレート

緊急事態宣言を少しずつ解除しつつも、まだしばらく自粛生活が続きそう中、ストレス解消するために様々な工夫をされている方も多くいらっしゃるかと思います。その一つ、すでに流行りの「おうちカフェ」ですが、家で淹れるコーヒー・紅茶に贅沢なスイーツがあればと思ったらドン・キホーテに丸山珈琲監修アーモンドチョコレートを見つけました。

スポンサーリンク

丸山珈琲監修アーモンドチョコレート<バリスタプレミアム>を味わう

筆者は休暇の間、近くのドン・キホーテへ足を運びました。たまに行くドン・キホーテは品数豊富なので、見ているだけでも楽しいです。お菓子も安くて、レジカゴたっぷり買う1人の女性を見かけました。筆者は旦那とチョコレートコーナーにて、彼がロッテの丸山珈琲監修アーモンドチョコレートを見つけ、早速試しに買って味わってみました。

スポンサーリンク

丸山珈琲監修アーモンドチョコレートの特徴

昨年(2019年)10月より、丸山珈琲サイトにありますプレスリリースによると、ロッテと丸山珈琲の初のコラボレーション、世界的バリスタ監修の新たなスイーツが誕生したとのことでした。

2017年にワールド・バリスタ・チャンピオンシップにおいて準優勝に輝いたバリスタ鈴木樹さんが監修し、本格的なコーヒーの味わいをスイーツで表現したそうです。その「バリスタプレミアムシリーズ」は、「チョコパイ」「チョココ」「アーモンドチョコレート」の3種類の商品でした。

スポンサーリンク

バリスタプレミアムの気になる味とは?

今回、筆者がドン・キホーテで買ったのがアーモンドチョコレートですが、エチオピア産コーヒー豆を使用していることから、通常のロッテ アーモンドチョコレートよりも色は濃い目です。

では、気になるお味ですが、モカコーヒーのほろ苦風味があって上品な甘さです。もちろん、通常のアーモンドチョコレートもハマるほどの美味しさですが、こちらのバリスタプレミアムは大人の味わいといった感じです。おうちでカフェするなら、淹れたてのコーヒーとお供にするのにおすすめするスイーツです。

スポンサーリンク

最後に丸山珈琲について

コーヒー愛好家の方、軽井沢へ何度も訪れる方で、もしかすると丸山珈琲もご存知かもしれませんが、初めての方のためにほんのご紹介いたします。

丸山珈琲は1991年、丸山健太郎氏によって軽井沢で創業されました。コーヒー生産国では国際品評会が毎年開催されており、代表の丸山氏はその品評会に世界で最も多く招待されている国際審査員です。また丸山氏は、バイヤーとして1年の半分近くを海外で過ごし、独自のルートで産地を巡り自ら厳選。個性豊かな世界各地の高品質コーヒーを直接買い付けています。丸山珈琲独自の焙煎技術によって香り高い高品質のコーヒーは、全国の卸先や個人のユーザーから高い評価を得ているそうです。

2020年5月現在の店舗を調べてみますと、軽井沢本店、ハルニレテラス店、小諸店・焙煎工場、MIDORI長野店、松本コーヒースタンド、エキュートエディション渋谷店、伊勢丹新宿プラドエピスリー店、表参道 Single Origin Store、西麻布店、尾山台店、鎌倉店、リゾナーレ八ヶ岳店です。ただし、店舗によっては喫茶スペースがないところもあります。

今、これら載せている写真は軽井沢の星野エリアにあるハルニレテラス店内です。緑に囲まれたウッドデッキの敷き詰めた小さな街の中にお店があります。筆者たちもここへは三度も訪れたことがあり、読書しながらのんびりくつろげので大変気に入っています。

コーヒーのメニューは迷うほど豊富であり、美味しいスイーツもあります。

こちらにいると本当に時間を忘れてしまうほど異心地がいいので、もし丸山珈琲でゆっくりカフェを楽しみたいのではあればやはり自然の中にある軽井沢です。

記事をご覧頂きありがとうございます。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク