2012年6月 家族旅行 三日目 その2

第三日目 草津から北軽井沢へ その2

スポンサーリンク

北軽井沢 ルオムの森

草津から吾妻渓谷へ寄っても、早くも北軽井沢に来てしまいました。三日目に泊まるペンションのチェックインは3時からとなっていますので、この時はまだお昼の12時過ぎくらいでした。浅間高原牧場へ寄ろうと車で移動していた途中、夫と義父は妙な看板を発見したようです。「ルオムの森」という名の看板があり、そこにはカフェもあるようでした。こういう場所のカフェはきっと値段が高そうだと覚悟をしつつ興味を示したので、取りあえず案内じるしに沿って畑や民家のある道を越えれば目的地に無事到着しました。このルオムの森は、ちょっと隠れ家的な雰囲気の場所といった感じです。

ちなみに、LUOMU(ルオム)とは、北欧フィンランド語で「自然に従う生き方」という意味らしいです。 この洋館ですが、元々は大正・昭和の実業家の別荘だったそうです。これをショップに改造したわけです。

食事やカフェは、思ったよりお手ごろ価格で安心しました。

厨糸平のランチメニューがとても気になりましたが、今夜に泊まるペンションの夕食の量が半端ではないので控えました。

私達はちょうど喉が渇いていたので、ここでお茶することにしました。特に、頼んだ浅間高原牛乳のソフトクリームはとても濃厚で美味しかったです♪

ここは洋館2Fのブックカフェ百年文庫の中の様子です。

少しレトロな感じで開放的、しかも落ち着いた雰囲気です。

ここでも軽食の注文可能です。夫と私は、北軽名物である石田農園のりんごジュースをいただきました。味は本物のリンゴの甘さです。

ここは、スウィートグラスアドベンチャーです。アスレチックのようです。

スウィートグラスアドベンチャーの受付がありましたが、今日はあまり人がいません。多分、シーズンとなれば人々で賑わうでしょう。

おや?こんなところに一匹の羊がいました。名前は「はるちゃん」なので、多分女の子だと思います。

ヤギよりもけっこう可愛い顔をしています。とても優しい表情で私達を迎えてくれました。

浅間牧場茶屋

ルオムの森の後は、取りあえず浅間牧場茶屋に寄ってみることにしました。ここで美味しい牛乳を飲もうとしたけど・・・先ほどのルオムカフェでソフトクリームを食べたりしのでお腹が一杯になっていました。ここでは、ただお土産を買ったのみです。

北軽井沢ペンション ティンカーベル

やっとチェックインの時間に近くなり、毎年お世話になっているペンション ティンカーベルに到着しました。ここで休憩した後、お風呂に入り、そして・・・楽しみしていた夕食が下記の通りです↓

夕食

今年も豪華なお料理をご用意して下さいました。

今回の食前酒は、飲む点滴といわれるヘルシーな甘酒です。

各前菜は、どれも地元の野菜の素材をいかした味でした。

胡桃豆腐はかなり濃厚な味です。

今回、タラバガニが出て家族全員で大喜び!カニの身がしっかりして美味しかったです♪

これは、ラザニアのミルフィーユのような感じです。パスタ好きの私は最高でした♪また、焼きトマトやエリンギ、揚げ茄子も最高です♪

オニオンスープも良い味でした♪

私達の中でヒットしたのは何と斬新な天ぷらです。シイタケ・グリーンアスパラ・ホタテ・トマト・海老に加え、飾りのイタリアンパセリとスナップえんどう・ブロッコリーです。それに、天つゆではなくて、何とタルタルソースで召しあがります!これは、美味しかったです♪

食後はメロンとブルーベリーのフルーチェ?です。特に生のフルーべりーは、多分イチゴのフルーチェを使用してミックスしてる感じです。これならうちでも簡単に作れそうなので、今度チャレンジしてみたいと思います。

ところで、この品で最後ではなかったのです。

何と!さらにスィーツがありました!ベイクドチーズケーキ&コーヒーでこれが最後の品でした♪

ティンカーベルさんの食事は、毎回訪れてもメニューが同じではないのにビックリです。とにかく、宿泊は安いのに食事はいつきても豪華過ぎます♪

以上です。次は家族旅行最終日です。(つづく・・・)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

スポンサーリンク