教会の帰り道

今年の元旦は世間の初詣代わりとして教会での新年礼拝にも出席し、今日の日曜礼拝に関しては今年最初の日曜礼拝(ルーテルの教会歴では顕現節)として出席しましたので気持ちがスッキリです。この気持ちというのは、自分自身からではなく聖霊の働きから来ているのものだと実感しています。やはり、教会へ足を運ぶというのは本当に主の祝福が大きいと思います。新年の抱負は心からよろこびを持って礼拝したいことですね。

いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。
(テサロニケの信徒への手紙 5章16-18節)

今日は教会まで一人自由に自転車で来ました。元々はサイクリング好きですので、天気も良く近場ならば無料の自転車がベストです♪いつもの属している東久留米市のルーテル教会や所沢ハロワ、東村山駅前の婦人科クリニックなどは出来るだけ自転車での行動です。

下記の写真は、教会から帰る途中の黒目川の様子です。

黒目川

黒目川1

黒目川2

黒目川3

黒目川4

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ