人生の節目は神様のご計画にあり

今年は色々と変動あり。戦後70年目、我が教会では創立50周年を迎える直前に雄一の米国宣教師ご一家が招聘のために母国へ帰国されてしまい、私の周囲では夫の親族で元牧師だった叔父が亡くなり、そして私も今年8月の誕生日でちょうど40代の仲間入る直前に子宮筋腫、さらに、派遣の職場も来年の一月より遠くへ移転のため今年一杯で契約終了となってしまいました。

WIN_20150523_142903これらが次々起こるのは、神様の何かのご計画としか思えません。クリスチャンは何事も不安に思ったり、疑ったりしてはいけないことは聖書を通して学んできています。それでも罪人の一人である私は時々忘れてしまうことがありますけどね。けれども、慈愛深い、恵深い神様はこんな自分でもお見捨てにならず、試練やどんな事が起きても必ず最善を成し遂げて下さるのでいつも感謝です。

とくに何度も失業と転職を繰り返している私は、神様から毎々ギリギリセーフで新しい仕事を与えて下さってきていました。今回も神様は次を備えられるでしょう。あの3か月前にみた大きな虹はまさに希望の虹!つまり神様との契約の虹!を忘れません。https://greentea.rumisunheart.com/archives/9249

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村