【所沢グルメ】所沢カフェ巡りオランダ坂珈琲邸@東所沢

オランダ坂珈琲邸

所沢グルメ及び所沢カフェの記事です。武蔵野線東所沢駅から徒歩3分くらいのオシャレで落ち着けてるカフェがあります。㈱ステーキのあさくまグループに属し、そのカフェはたったの4店舗のみ、何と埼玉県でここ東所沢店のみと唯一貴重な場所です。注目は分煙、広い席、座敷(堀ごたつ付き)まであり、ここでしかない珍しいメニューもあります。

スポンサーリンク

所沢カフェ巡り オランダ坂珈琲邸@東所沢

これからご紹介するカフェは東所沢にあるオランダ坂珈琲邸というファミレス型のカフェです。東所沢周辺の中では気の利いたカフェであり、地元・近隣では人気があります。筆者と旦那は以前にも一度来店していますが、今回は義理両親も含めた家族4人でのカフェを楽しみました。8月の祝日(海の日)から3連休もあって朝からお店はやや混んでいました。

オランダ坂珈琲邸 注文したメニューとは?

注目!オランダ坂珈琲邸オリジナル わた飴コーヒー

オランダ坂珈琲邸にはわた飴コーヒー(530円)という斬新なメニューがあります。

わた飴の中は何とクリーム入りのウィンナーコーヒーです。面白いことにわた飴の甘さとピッタリです。

お得感のあるオランダ坂洋風膳

こちらは義父が選んだオランダ坂洋風膳(980円)です。選べるメイン料理は3種(本日のパスタ・ナポリタン・ハヤシライス)ですが、今回は義父の大好きなナポリタンです。

オランダ坂珈琲邸のオムハヤシライス

11時からのライスメニューはオムハヤシライス、海老ビスクピラフ、ヒレカツカレー、ハヤシライス、フライドチキンカレーです。

そのうち、旦那の選んだのはオムハヤシライス(780円)です。とても美味しいですが、普通の量でも十分。追加料金の大盛りはヤバイかも。

メニュー共通のセットドリンク(プラス300円)です。

レトロなヒレカツカレー

筆者が頼んだヒレカツカレーは、銀の器のカレールウとヒレカツ入りライスが別となってまるでレトロな洋風レストランのようなスタイル。

オランダ坂のヒレカツは中々かいけます!サクサクで割と衣少な目、中辛のカレールウもどこか懐かしい味です。

フレンチトースト飾りフルーツと軽いクリーム

義母が頼んだフルーツ入りのフレンチトースト(シングル580円)には、何とたっぷりかけ放題のメイプルシロップが付きです。これを食べた義母はとても満足しておりました。

ここでしか味わえない!オランダ坂珈琲邸半熟カステラ

筆者と旦那にとって2度目のリピであるオランダ坂珈琲邸半熟カステラ(580円)は絶品デザートです。筆者が頼んだのを真正面で見ていた義母も気になってもう一品追加注文する程このお店にしかない珍しいカステラです。ちなみにホール(1580円)で持ち帰りは可能です。

ミルクセーキがデザート?

昭和にミルクセーキという卵と牛、砂糖でシェイクしたドリンクが流行っていた時代がありました。しかし、オランダ坂珈琲邸のミルクセーキはデザートのシャーベットとなっております。これは暑い夏の長崎県の喫茶店が考案したシャーベット状のミルクセーキのようです。

お味は甘さ控えめでさっぱりとしたミルクセーキでした。

以上、オランダ坂珈琲邸の一部のメニューをご紹介しました。

ブログを見て下りありがとうございました☕
グルメブログ いろいろなグルメ

スポンサーリンク