スーパーいなげやの銘柄牛 仙台黒毛和牛シャトーブリアンを4割でGET!

本日は黒毛和牛ステーキについてです。スーパーでも黒毛和牛をよく売っていますが、産地によっては肉質や味も変わってくると思います。今回はスーパーいなげやで見つけた仙台黒毛和牛シャトーブリアン(ヒレ肉)を4割で買って調理しました。仙台黒毛和牛はいなげやでの銘柄牛のようであり、米ササニシキで有名な宮城県で飼育されたものです。

スポンサーリンク

スーパーいなげやの銘柄牛 仙台黒毛和牛シャトーブリアンステーキ!

その前に、最高級(A5)の肉(日本三大和牛もしくは四大和牛)の神戸牛・松坂牛・近江牛又は米沢牛などはめったに市場には出回らず、ほとんどは専門店へ行ってしまいます。しかし、専門店は別格としておき、ここでは市場のスーパーに限って美味しい黒毛和牛肉探しです。スーパーいなげやには独自の銘柄牛があります。それは仙台黒毛和牛が売っています。今回はここで仙台黒毛和牛シャトーブリアン(ヒレ)ステーキを見つけました。

仙台黒毛和牛シャトーブリアン

家族でお金を出し合って4割価格でゲットした仙台黒毛和牛シャトーブリアンです。

シャトーブリアンとはヒレ肉の中でも一番最高の部分なんです。それが、まさか近所のいなげやで売っていること自体奇跡のようです。

肉質は、あの専門店にしか出回らないA5・B5の仙台牛と比べてしまうと、スーパーのA4以下の仙台黒毛和牛は当然肉の霜降りは劣りますが、それでも味は十分上等なものです。しかも、シャトーブリアンだけでもすごいと思います。

仙台黒毛和牛シャトーブリアンステーキを焼いて食べたら柔らかくて美味しい!

では、いなげやで買った仙台黒毛和牛シャトーブリアンステーキを早速焼いてみました。

肉を焼く前に、まず冷蔵した肉を30分くらいかけて常温状態にします。肉に岩塩とコショウをふり、強めの火で温めたフライパンで肉の油をつけて片面ずつゆっくり焼きます。(あまりひっくり返し過ぎは旨味が逃げてしまうので慎重です。)両面焦げ目が付いたら、食べやすくカットし、そこにワインを適量にかけてしばらく軽く炒めたら火を止めます。

お好みで下にもやしなどの炒め野菜をひいたり、カリカリにんにくスライスをかけたり、味付けは小皿にわさび醤油やポン酢、柚子胡椒等で召し上げると最高です!

これからも我が家の大好きな和牛ステーキをどのように美味しく食べるかを少しずつ研究してきたいと思います。

ブログを見て下りありがとうございました🍖
グルメブログ いろいろなグルメ

スポンサーリンク