プチぶらり散歩:秋の3連休は柳瀬川&空堀川沿い(清瀬・所沢)

プチぶらり散歩を更新しました。今年の9月は敬老の日、秋分の日と上手く2回に分けて3連休があります。まず、最初の3連休、筆者たちは特に遠くへは出かけませんが、いつもと同じように自宅から徒歩3〜4分の柳瀬川・空堀川沿いを散歩しました。連休もあって、釣り人、親子で川遊び、大勢でBBQを楽しむ姿がありました。

スポンサーリンク

柳瀬川・空堀川沿いは散歩するのにはとても良いところです!

柳瀬川は、埼玉県及び東京都を流れる一級河川で、荒川水系の支流です。厳密にいえば、東京都の隅田川・新河岸川からつながっています。さらに、柳瀬川の支流が空堀川です。一番、良いところが東京都清瀬市と埼玉県所沢市の境に流れる柳瀬川、あるいは柳瀬川と空堀川の合流地点付近とても釣り、川遊び、野鳥観察などには最適です。また、ここまでの交通アクセスも割と良いと思います。

柳瀬川(東京都清瀬市側)

まず、清瀬橋(小金井街道)付近から下流へ向けて歩いています。

すぐ途中で清瀬市の不法投棄禁止の看板があり、ここでは過去にゴミが何度も捨てられたからです。

しかし、残念なことに遊歩道でマックの袋ごとゴミが捨てられていました。この付近もよくBBQやピクニックも可能ですが、マナーだけはしっかり厳守してもらいたいものです。

この道では色んな植物や果実の木も植えられ、季節ごとに楽しむことができるのです。

これは桜の木なのですが、季節外れに桜の花がピンポイントで咲いていました。

松柳橋の下に泳ぐ魚達

清瀬橋から下流へ向けての次の橋(松柳橋)を渡っています。特にこの辺りでは多くの川魚が泳いでる姿をハッキリと肉眼でみることができ、釣りにはとても良いスポットでもあります。

写真でちょっと分かりにくいかもしれませんが、アユのような魚が沢山いました。

こちらは大きな鯉も泳いでいます。鯉たちは水の浄化をする働きがあるのです。

柳瀬川(埼玉県所沢市側)

松柳橋を渡って、清瀬橋方向へ逆戻りしました。こちら側は埼玉県所沢市になります。

キノコ

マイマイカブリに喰われた後のカタツムリの貝殻

ヒガンバナ

空堀川(東京都清瀬市)

一旦、小金井街道を横断してから空堀川の方へ移動です。

ここは柳瀬川と空堀川の合流地点もあり、空堀川沿いとなるとまた景色の雰囲気が変わります。空堀川上流へ向けてもう少し先へ歩くと明治薬科大学、清瀬の森などがあり、さらに西武池袋線秋津駅へも近くなります。今回はそこまで歩きませんが、ここでもカワセミなどの野鳥も観られます。

早速、境橋の近くの黒い柵にどこにでもいる大きなカラスがとまっていました。この辺も木が多いくてカラスたちにとっての絶好の住まいでもあります。ただ、近くにある自治会のゴミ荒らしでいつも困らせています。。。

ダイサギの様子

この頃、同じ場所にダイサギ1羽が滞在しているところです。川魚も豊富なのでダイサギにとっても絶好だからだと思います。

ダイサギはペリカン目に属しているとおり、確かにペリカンに近いようなイメージです。

鮮やかなコスモス

カワセミの姿

空堀川下流付近でぶらりとしているうちに、青い宝石と呼ばれるカワセミの姿を旦那が先に見つけました。今回、カワセミをハッキリとデジカメ撮影にしては一番成功しました。

柳瀬川(東京都・埼玉県との境界線)で泳ぐカルガモたち

ひとこと・その他

いつも連休はあまり遠くへ行くことはありませんが、自宅の近くには川や自然があるのでいつでも好きな時に散歩ができるというのが郊外に住んでいるメリットだとつくづく思います。

所沢市に住む筆者たちは、ちょうど東京都下のすぐそばであり、西武池袋線やJR武蔵野線が通る地域なので例えば、西武池袋線秋津駅を利用して池袋方面、JR武蔵野線は新秋津駅から利用すれば2駅の西国分寺駅から中央線乗換えと何だかんだで便利に思います。

いつか近いうちに、JR武蔵野線西国分寺駅から徒歩7分にある新しい都立多摩図書館へ是非行ってみようとプランを考えているところです。

ブログを見てくださりありがとうございました📷
ライフスタイルブログ ポジティブな暮らし

スポンサーリンク