池袋グルメ@西武池袋本店にあるレストラン&カフェ・スィーツ探し

池袋グルメの記事です。今回は西武池袋本店にてグルメやカフェ・スィーツ探しへぶらりしてみました。そのうち、決めたお店が2店です。まず、8Fフロアのダイニングパーク池袋にある和風イタリアン『壁の穴』、次に7Fフロアにあるフルーツパーラーにて高評価である『カフェ コムサ』へ入ってみることにしました。

スポンサーリンク

西武池袋本店にあるレストラン&カフェ・スィーツはこちらです!

8Fレストラン 光と緑の食祭空間 ダイニングパーク池袋

レストランダイニングパーク池袋というレストラン街ですが、特に休日のお昼過ぎでも、和洋中も問わずに次々順番待ちです。今回、都内に住む実家の母と10年ぶりに会う伯母とゆっくり話しながら料理をつまめそうなイタリアンを選びました。

パスタ&ワイン「壁の穴」

「壁の穴」は後から知ったのですが、何と1953年(昭和28年)に当時の東京都中央区田村町にス創業というスパゲティ専門店の元祖だと思われます。当時スパゲティの認知度は極めて低く、“しつこいイタリアのうどん”ぐらいにしか思われていなかったのですが、創業者の努力と研究の積み重ねによって、日本人の口に合うように和風スパゲティへアレンジしていったそうです。

ちなみに「壁の穴」の由来はシェイクスピアの戯曲「真夏の夜の夢」に出てくる言葉 Hold in the Wall から取ったものです。意味は以下の通りです。

恋人同士が「壁の穴」を通してささやき合うというシーンなのですが、原作では二人が結ばれるまでの障害を壁にたとえています。つまり「壁の穴」は、障害を乗り越えて心を通じ合わせるために存在したのです。

今回、申し訳なくそのメインとなるスパゲティを注文しなかったのですが、代わりにちょびっとワインを嗜みながら、前菜とサラダをいくつか注文して3人でつまみ合いました。こちらのイタリアンではスパゲティ以外に、どのサイドメニューを頼んでもとても美味しく、特にサラダも和風、チーズもさっぱりしたものもあり、高齢者でも食べられそうなメニューが多いと思います。

生ハムとサラミ

プロシュート&パルマ産サラミ。

モッツァレラ

チーズの盛り合わせのモッツァレラチーズ。

ホタテ貝と大根のサラダ

ジャコぱりサラダ。

サーモンマリネ

サーモンマリネのサラダ。

生ハムのサラダ

パルマ産生ハムサラダ。

リコリッタ

再び、チーズの盛り合わせでリコリッタチーズ。

7Fフロア

西武池袋本店7Fフロアに口コミ評価の高い是非オススメのカフェがあります!

フルーツ&カフェ「カフェコムサ」

カフェ コムサ

「カフェ コムサ」のフルーツパーラーがとてもアートなのです!

ベリーパフェ

ご覧の通り、フルーツパフェのキレイな飾りに、キャラメルソースにも白いハートが描かれています。フルーツも上等、シャーベットの上品な甘さ、すべてにおいてもパーフェクト!1品1300円位からと高めですが、このお店に入って味わう価値は十分にあります。

ブログを見てくださりありがとうございました。
グルメブログ いろいろなグルメ
ブログ村 ライフスタイルブログ

スポンサーリンク