秋津フレンチ探し ビストロ ヌーボーマルシェにて初めて昼食

秋津周辺のフレンチ探しの記事です。東京都清瀬市にある志木街道沿い、野塩橋のそばにヌーボーマルシェがあります。こちらの小さなレストランを何度も散歩で通りますが、近隣に住み始めてから10年間は一度もお店に入ったことがありませんでしたが、ずっと気になっておりました。今回はあるきっかけで、初めてランチにて訪れてみました。

スポンサーリンク

ビストロ ヌーボーマルシェ

ビストロヌーボーマルシェは、西武池袋線秋津駅南口から徒歩7分、JR武蔵野線新秋津駅から9分にある小さなフランス家庭料理店です。

外観

ヌーボーマルシェの外観は、レトロな木造作りです。

お店の前にランチのメニュー看板です。ここで今回は何を食べてみようか考えた後、店内へ入ってみることにいたしました。

内観

内観ですが、4人用テーブルが4つのみと小さなこじんまりとした雰囲気です。この日は、1テーブルに家族連れの先客がいらっしゃったのみで、席はゆったり余裕でした。

こちらはオシャレなレジカウンターです。レジ下のガラス内には本格ケーキ、ワイン各種などが冷蔵しております。

料理・デザート

まず、どの料理に付いてくるサラダですが、ごく普通のドレッシングをかけたレタスサラダです。贅沢を言えば、もう少しサラダを色とりどり工夫しても良いのではないかと思います。もしくは、季節の前菜も欲しいところです。

旦那の注文した鶏もも肉のコンフィ(1,400円)です。後で、筆者にも一口味見させていただきましたが、これはとても肉が柔らかく、ハーブや香辛料がきいたとても良い味です。これに一緒の温野菜と食べて美味しいと彼は言っていました。

どの料理にもパンかライスが付きます。旦那はライスを選びましたが、お米はちょっとイマイチだったようです。しかし、料理がとても良いので、この値段はまあ良いのではないかとのことでした。

続いて、筆者が注文したクレープグラタン(1,300円)です。このクレープグラタンは口コミでは好評のようなのですが、熱々で本当に美味しいです。中身は鶏肉、玉ねぎ、そしてもっちりクレープも入っていて何ともたまらない食感でした。

クレープグラタンにはパンを選びました。パンは残念ながらバターは付きませんが、グラタンのソースに付けるとピッタリです。

料理の後には楽しみのデザートです。デザートは+450円で好きなものを選べます。こちらのお店の自慢は元祖クレメダンジュです。昔、南麻布の洋菓子店でクレメダンジュを食べて大好きになり、まさかこちらでもう一度食べられて嬉しいです。レアチーズの一種であり、フロマージュと生クリーム、メレンゲを混ぜ、ガーゼで水切りしたものです。クレメダンジュは「神様のごちそう」とも呼ばれているそうです。

旦那の大好きなクレームブリュレもパリッとした食感の焼きカラメル、その下のクリーミィなめらかなカスタードがたまりません。

食後にはコーヒーか紅茶が付きます。ただ、ミルクはピッチャーではないし、生のレモンではないのが少し残念ですが、珈琲も紅茶も及第点ではあります。

でも完食して、ごちそうさまでした!

総合的に

メイン料理とデザートはとても良い味付けで美味しかったです!しかし、コスパ的には若干不足気味です。もう少し頑張って欲しいものは、特にサラダのこだわり工夫(季節感など)、パンにバターを付ける、ライスを炊き立てに、コーヒー・紅茶にミルクたっぷりのピッチャータイプにして欲しいところです。料理が美味しいだけに本当にちょっと残念です。

でも、また別の料理とデザートを食べに行きたいと思います。

ブログを見てくださりありがとうございました。
グルメブログ いろいろなグルメ
ブログ村 ライフスタイルブログ

スポンサーリンク