スーパーサカガミで和歌山県産の天然本まぐろ刺し身を買って食す

日曜の夕方、東京・清瀬にある魚屋「魚三九」へ刺し身を買いに行こうとしたら休業日でした。どうやら一緒の旦那は日曜も魚屋は営業しているとの思い違いに、夕食は海鮮すし丼にするつもりだったのが、一体どうすれば良いかと考えた末、取り合えず高級スーパーサカガミへ行くことにしました。

スポンサーリンク

スーパーサカガミの特上!生本まぐろ刺し身

西武池袋線清瀬駅の近くにある高級スーパーサカガミへ、以前から気になっていた天然生本まぐろ刺し身を買ってみることにしました。

今回の天然本まぐろは和歌山県産中とろ刺身用の柵を2品購入です。見た目は赤身とトロのバランス取れた中間、程よい脂身のある状態です。

家では早速、天然本まぐろを消毒済みのまな板にのせて刺身包丁で切ってみますと、脂が多く、しかも魚特有の生臭さもないので、これはもしかしたら味にも期待が。

あらかじめ用意したすし飯の上に天然本まぐろ刺し身をのせて完成。さて、肝心なお味ですが、これが臭みも全く無くて、ねっとり食感、口の中は溶けてしまうほどです。さすが、高級スーパーの天然本まぐろは、普通のスーパーで売っているものとはレベルが違います。何とか、夕食は家族全員で満足出来る最高の鉄火丼で済んで良かったと思います。

しかしながら、魚三九の天然本まぐろもとても美味しく、むしろこちらの方が値段も手頃です。次回は、魚三九の営業日をきちんチェックしてから刺し身を買いに行くつもりです。

ブログを見てくださりありがとうございました。
にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ
にほんブログ村

スポンサーリンク