これは良かった!ねば塾の石鹸は環境と肌に優しくてコスパも最高

soap-bubble

ねば塾の石鹸はロフトや一部の薬局で見かけたこともありますし、某コスメサイトで多数の口コミで高い評価もあることも知っており、以前からずっと気になっていました。近年はシンプルライフやナチュラル志向が高く、筆者自身も石鹸の本来の良さから目覚め、入浴や洗濯、さらにキッチンにも石鹸へ移行しようとねば塾さんを使ってみました。

スポンサーリンク

長野県佐久市の福祉施設から誕生した石鹸屋ねば塾

無添加石鹸で定番のねば塾ですが、詳しくは調べてみますと経緯は長野県佐久市にある障がい者施設から誕生したことを知りました。施設指導主任であった笠原愼一氏が障がい者の経済的自立を目指すことだったようです。こんな素晴らしい石鹸屋さんを筆者は石鹸を購入しないわけがありませんでした。

スポンサーリンク

もっと早く気が付けば、数年前に長野の旅行時にねば塾の石鹸をお土産で買っていたかも。

ねば塾の石鹸は通販はもちろん、全国ロフトやハンズなどのバラエティーショップや一部の薬局で売っていますが、地元の長野県内のスーパーでは普通に買えるようです。長野県にお住いの方はいいですね。とういうことは、以前に長野県へ何度も旅行していた我が家もお土産として買うチャンスはいくらでもあったということです。その頃、ねば塾の石鹸について、もっと早く気が付けば良かったと後悔しています。

スポンサーリンク

ねば塾の定番である「白雪の詩」のコスパは確かにダントツ!

ねば塾は「白雪の詩」が定番であり、こちらの方が近くのお店で見たことがあります。最初はとても気になっていたのですが、商品の裏を確認すると「台所用石鹸」と表示しています。しかし、某コスメサイトの口コミでは髪を洗う石鹼シャンプー、顔や身体用として使っている方が多いことに疑問でした。「白雪の詩」を調べてみましたが、色素、香料、エデト酸などの添加物は一切不使用であり、暮らしのいろんな場面で活躍するマルチソープではあります。

それでは何故、無添加であるのに「薬用・化粧石鹼」ではなく「台所用石鹸」なのかについては薬事法にあるからです。

成分/脂肪酸ナトリウム98%

しかし、パームとパームの核油だけを原料に中和法で作った純粋な石鹸分だけを機械練りにて無添加で仕上げた石鹸であることから顔や身体を洗っても全く問題ありません。(個人差はあります。)

ただ、口コミの中では、「さっぱり」しているということが多いことから、身体に洗う場合は夏用としてとか、普通にキッチンや洗濯用としてもあります。基本的には何でも活用できるマルチとして思えばコスパはとても最高です。

「白雪の詩」は1個だけでも大きめなのでカットした方が使いやすい

口コミで多いように「白雪の詩」は普通の石鹸より大きめのサイズです。必要に応じて小さくカットしておいた方が使いやすいです。筆者は今のところ、キッチン用や手洗い用、入浴用(夏のみ)として使い分けています。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

注目!「白雪の詩」は旅行やアウトドアにも使えそう

無添加でコスパも良いマルチ石鹸である「白雪の詩」は、石鹸箱に入れて持ち運ぶことも出来ることから旅行やアウトドアなどに便利です。旅先でタオル・ハンカチ・衣類などの洗濯、キャンプの食器洗い、シャワーや温泉などでの全身洗いにも使えてしまう優れものです。

スポンサーリンク

ねば塾の中で究極の化粧石鹸「やさしいせおと」

「白雪の詩」や「なるせのせおと」、「しらかば」など台所用石鹸と表示されている中で、本当におすすめするのは究極の化粧石鹼「やさしいせおと」です。特に、乾燥肌や敏感肌にはこちらの方が良いです。例えば、夏は「白雪の詩」など、冬は「やさしいせおと」といった使い方も自由です。

成分/石ケン素地、水、グリセリン
スポンサーリンク

最後に

所沢市役所内にある福祉の店「ポピンズ」で可愛い石鹸を買って応援
所沢市役所内にて障害者の方たちの就労を応援する喫茶&軽食「コミュニティサロンどんぐり」や福祉の店「ポピンズ」が設けられています。今回、市役所の近くの用事が済んだ帰りにポピンズへ寄りたくなり、こちらで手作り石鹸、他は義母へのプレゼントとして手作りシュシュを買って応援しました。特に、福祉作業所の手作り石鹼に注目しています。

ねば塾の石鹸でますますシンプルライフが楽しくなってたまりません!これからも障がい者の方の自立支援のためにも買って応援したいです。ねば塾さんは固形石鹼以外に洗濯用せっけんや自然化粧品、雑貨などもあり、いつでもネット通販で買えます。

記事をご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク