再就職活動9

前回ブログの通り、10/29(月)に企業受付業務の面接が決まっているのですが、昨日のお昼に人材派遣A社から別件の思いもよらない仕事を紹介されました。勤務地は渋谷駅5分以内にあり、大手システム開発のテスト評価+OA事務のお仕事です。えっ?テスト評価???という意外な仕事でビックリしています。しかも、長期ですが、就業先の先方様によれば、このテスト評価の仕事はどうしても長期で働いて欲しい要望です。途中で、3ヶ月契約で覚えた頃に辞められては困ると聞いています。この厳しいご時勢に、このような長期の職場あることは珍しく、チャンスだと思いました。

実をいうと元々IT・WEB関連など技術系の企業に興味を持っていた私は、派遣の希望職としてテスト評価やテクニカルサポートやヘルプデスク、WEB関連の仕事を選ぼうとしていた時がありました。しかし、資格や特別なスキルがないので、今から5年前に人材派遣R社のキャリアカウンセリングを受け、その悩みと私の経歴を説明した時にカウンセラーの方から「様々な分野(就業先)での事務職の延長ではなくて、何か一つの分野に絞った方よいです。あなたの場合はハードディスク関連やPC関連の一般事務で就業されていますから、IT関連の方へ進まれると良いと思います。テスト評価やテクニカルサポートは未経験から始められるものがありますし、もしくは、まずIT関連企業に絞り、そこで一般事務からスタートすると、何かしら技術に触れるチャンスの可能性が広がることがあります。」というアドバイスをいただいたことがあります。

このアドバイスのきっかけで、IT関連(システム関連)の企業に絞り、思いがけないシステム関連プロジェクトの補助やWEB更新作業の担当にまかされた経験がありました。あの頃は、本当にうれしくてやりがえのある仕事でした。しかし、途中で3年前のリーマンより派遣切れに合い、希望の再就職もなかなか決まらなくなり、その後、妥協しながら近所の半導体の中小企業でしばらくパート勤務をしてきたのでした。しかし、3年近く経った今日、このパートでも会社都合によって解雇され、神様からもう一度の希望への再出発のチャンスが与えられたわけです。

しかし、リーマンの時と比べると、まだまだ雇用は厳しいものです。そのため、私は職種と勤務地の範囲を広げたわけですが、まさか昨日のシステム開発でのお仕事紹介には驚きです。この渋谷での案件ですが、紹介された地点で社内選考となりました。えっ!社内選考?かなり凹みましたが、すぐ神様に祈りました。義理両親や夫、牧師や何人かの兄弟姉妹、他の教会の方からも私自身の再就職先が決まりますようにと祈って下さっています。皆さんに祈って下さることはとても心強いです。翌日、今朝早々人材派遣A社の営業担当から連絡が来て、何と明日の10/26(金)に就業先の職場見学と顔合わせをすることになりました。久々の苦手な顔合わせは、今からすごく緊張します…。しかし、採用結果は神様にゆだねます。

理性的に行動し、主の決定に委ね切る信仰の姿勢を貫くことです。私達も切なる願いをもったら主の決定に委ねきる姿勢を学ぶ必要があるのではないでしょうか。

(義母が読んで見つけたルツ記3章のメッセージより)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ