もう派遣で働くのは限界に近いかな

web photo
トータル10年以上も派遣社員として色々な場所で実務経験した中で、ふと思ったことは本当の安定した企業という所はないこと。よく派遣の募集で『安定企業で長期のお仕事』というフレーズをよく見かけますが、そんなのはウソに思えます。長期とか言って、初回は一か月契約(試用期間)、それも長期の前提での短い契約で設定するところは少なくありません。この試用期間で勤務態度や仕事の姿勢など問題なければ、次の3か月更新へクリア出来ます。しかし、長期にて就業中であっても景気の悪化や就業先の様々な都合があれば途中で契約更新ストップとなる場合も少なくありません。本当に安定している企業なら、能力のある派遣社員であれば正社員として直接雇用にするでしょう。

安定企業で契約期間はいくら長期であっても3年で終了です。3年区切りはハッキリいって本当の長期とは言えないと思います。もちろん最長3年まで無事に就業し終える保証も全くありません。私自身の経験では、その最長3年まで就業出来た企業は今のところなく、一番長く続けても2年近くでした。その一番長い就業先から直接雇用(正社員ではないけど)の依頼はありましたが、その事業所は交通不便な場所へ移転することに決まり、所沢の自宅から通え切れない距離ということでお断りをしました。結局、ここは事業所の移転を伴う会社都合として契約終了しました。事業所の移転という理由も売上の業績が落ち込んで経費削減のため、安い土地へ引っ越しというわけです。

仮に派遣から直接雇用となっても、果たして安心して働くことが出来るかどうかも分からない。仮に正社員になってもさらに沢山苦労するだろうし、そこでいつまで続けられるかの保証もないでしょう。基本的に、派遣から直接雇用となる確率は少ないし、直接雇用として働きたいなら派遣に頼らず自分で探せば良いし、いつまでも長く働きたいなら何か本業をもてば良いことです。いずれにせよ、今の時代に安定は少ないと言えます。

最近、主婦や若者では個人でネットで副業もしくは本業で稼いでいる人たちが多くいると聞きます。さらに、若年層の間ではセミリタイヤというものも流行しているそうですが、嫌な会社勤めを辞めて自分の好きなことをしながらのんびり暮らし、収入の多くは株式投資です。私は株とかFXには全く知識もないし、とても自信がありません。一時、ダンナとデイトレーダーとして生活していこうか?など語り合った時期はありましたが、そのダンナも気が小さいのでとても無理だと。(ダンナは一度、株で失敗してショックを受けたことがあったためです。)

私個人の心境は、年齢が高くなればなるど派遣で働くことはそろそろ限界を感じています。かといって、正社員になりたいとも思っていません。今の時代は終身雇用では無くなってきていますし、働き方も自由な方向へ変化していますしね。これからは賃金とか雇用形態云々ではなく、続けられることをどんどんやっていきたいと思います。来月3月以降は時間に余裕が出来ますので、自分のWEBサイト制作やブログ更新、アフィリエイトなどでとにかく専念するプランを決めています。しばらくは通勤ラッシュや職場での人間関係、拘束時間等に縛られることもありません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村