結婚記念日のお食事

今月11月は3年目の結婚記念日です。しかも覚えやすい11月23日の勤労感謝の日なんです。3連休だとフルで働いている私にとっては体が楽なんですけど、今年は残念ながら3連休ではないんですよね・・・(´0’)1日くらい有給取ろうかと迷っています。

スポンサーリンク

3度目の結婚記念日

もうじき結婚記念日。結婚してから3年目・・・。

3年前の結婚披露宴のエピソード💒

さて、3年前に挙げた結婚披露宴は懐かしい思い出であふれる五反田ゆうぽうとでした。まだその頃の私達は品川区戸越に住んでいました。まだ、私はクリスチャンではなかったので、結婚式はどのようなスタイルでやろうかと迷っていました。夫はすでに洗礼を受けていますが、敬虔なクリスチャンである義母は何とか自ら通っている教会で挙式をやって欲しいとの希望もありました。何故なら、教会で本格的な挙式と信徒達の手作りの持ち寄り食事会を行うことでかなり安く出来るという理由があったようです。

一方、私の両親は以前に平安閣等などで披露宴だけでも挙げた方がいいとのアドバイスだったのです。実の両親の場合は一人娘である私の晴れ着姿衣装を一番見たかったのだと思います。そこで、私達は宗教問題を避けるために、挙式を除いた披露宴のみを行うことに決めました。私達の披露宴予算は150万円以内で約50名位、実父の和太鼓披露が出来る良い披露宴会場はないかと、ゼクシーや東京ウォーカーなどで沢山調べましたが、なかなか思える会場がなくて困っていました。

ふと、そこで気がついたのは、戸越の近所に五反田ゆうぽうとという元郵政のかんぽの宿でした。何だか地味でちょっと乏しいイメージとコンサートホールのイメージが強かったのですが・・・実際はとてもいい所でした。中味の施設は非常に充実していて、内装も高級感のあるりっぱなホールです。ブライダル関係もきちんとしていて良かったです。私達の担当してくださったブライダルコーディネーターの方はかなりベテランの方で、結婚式に関するいろいろな知識をキメ細かく丁寧にアドバイスをして下さいました。ちょうどその頃は、郵政完全民営化になる前でしたが、ラッキーなことに郵政25周年のお得ブライダルプランを見つけたのでこのチャンスを多いにGETし、実父の和太鼓披露の可能な日時と会場がギリギリで決まりました。会場は8Fの明るいレストランタイプであるサロン・ド・ジョアで行い、披露パフォーマンスも私達の立てた予算でしっかりと思い通りに出来ました。それから、料理も値段の割りには豪華でとても美味しくいただくことが出来ました。ステーキのお肉もやわらかいし、江戸前寿司も新鮮、ケーキも美味しいと披露宴に来てくれた人達もみな大満足していました。披露宴はやっぱりお食事が大事なんだと、今でも大確信です。

無事に披露宴を終えた数日後、ずっと気になっていたゆうぽうとのランチバイキングへ二人でへ行きました。戸越に住んでいたころはよく横浜まで行ってはいろんなホテルバイキングへお食事にいきましたが、有名ホテルだからといって必ずしもお食事が美味しいとはかぎりません。しかし、ゆうぽうと1Fにあるメルチェリエの安いランチバイキングはなかなか美味しかったです。やっぱり好評だったケーキも相変わらず最高でした♪

2度の引っ越し後

しかし、結婚披露宴後の2ヵ月後には千葉県南行徳へ引越し、8ヵ月後には現在の所沢市の夫の実家に引っ越してしまいました。本当はまたゆうぽうとでお食事しようと思ったのですがこの時は何だかんだで理由があって実現出来ず、1年目の結婚記念日は川越のダイニングなかなかでディナー予約し、去年は東飯能にあるお蕎麦屋さん福六十、そして今年は近所の清寿司でお任せランチコースをこれから予約する予定です。

最後に、私達は3年前に挙げた世間的な披露宴だけでしたので、いつかは今通っている教会でもう一度新たにクリスチャン同士なった私達での真の挙式(主の祝福を御前で)をしなおしたい思いが私の心に強くあります。それは焦らず、すべて主の御心通りに従いお任せしましょうと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

スポンサーリンク