観光スポット 東洋のナイアガラ 吹割の滝(群馬)

今回はGW(ゴールデンウイーク)のおすすめ観光スポット、群馬県沼田市にある国の天然記念物であり、日本の滝100選にも選ばれている東洋のナイアガラの異名を持つ吹割の滝を紹介します。周囲にはイワナの塩焼きなど軽食が出来ます。無料駐車場もありますが、有料駐車場への誘導がすごいので気を付けましょう。私たちも見事に有料駐車場に誘導されてしまいました。是非、旅のお供にぜひお役立てください。

群馬にある景勝

思い出の写真についての続きです。ダンナと二人で日光の旅行帰りにロマンチック街道沿いを行き当たりばったりのドライブしながら帰る途中、群馬県片品村を通過し、沼田市へ入った時でした。ここでちょうど東洋のナイアガラといわれる吹割の滝の入り口にたどり着きました。この頃はちょうど夏休みの時期であり、各駐車場も一杯でした。

吹割の滝

大昔に起きた火山の噴火による大規模な火砕流が冷固した溶結凝灰岩が片品川の流れによって浸食されて多数の割れ目を生じ、巨大な岩が吹き割れたように見えることから東洋のナイアガラ”吹割の滝”と呼ばれるようになったそうです。アメリカとカナダの国境にある巨大なナイアガラを縮小したような”なんちゃってナイアガラ”といった感じです。ただ、吹割の滝周辺は広い範囲の遊歩道があります。私たちも滝を見物した後は遊歩道をずっと(一時間くらい)歩きましたが、ちょうど夏の暑さと重なり、コースのアップダウンが結構きつかったです。

滝の水しぶきに虹

滝の水しぶきに虹

まるで洞窟のような風景

まるで洞窟のような風景

吹割橋の方向

吹割橋の方向

小さな東洋のナイアガラ

小さな東洋のナイアガラ

吹割の滝を近くでアップして撮ったもの。

吹割の滝を近くでアップして撮ったもの。

住所と地図

住所:群馬県沼田市利根町

外部リンク

吹割の滝の周辺案内

片品川(利根川水系一級河川)は、尾瀬に近い片品村、吹割渓谷、老神温泉、薗原ダム(薗原湖)、下流の赤城山の方まで流れています。この順ですと、私たちが以前にロマンチック街道を赤城山に向けてドライブした順とほぼ一致しています。あの頃、吹割の滝を見物した後、レンタカーに乗って赤城山の方へ向かおうとした途中、薗原ダム付近で二つの道があって迷いました。取りあえず一つのトンネルの方向を選びしたが、そこは暗くて視界の悪い薗原湖トンネルでした。このトンネルを通る時は運転中のダンナはかなり焦っていました。薗原湖トンネルは本当に危険ですので、運転する方はゆっくり慎重にしましょう。最後、吹割の滝周辺の情報をご紹介します。

情報サイト

最後までブログを見て下さりありがとうございました。
ブログ村 ライフスタイルブログ