我が家の本日の夕食 鶏のむね肉入り冷やし中華 レシピ

ようやく暑くなってきた頃、そろそろ冷やし中華が食べたくなる季節が一年ぶりにやってきました。すでに冷やし中華用の生麺は既にストックしてあるし、冷蔵庫にあるものをチェック。これから我が家の本日の夕食「冷やし中華」のレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

本日は、この冷やし中華麺を使う

北海道産小麦粉使用 冷し中華麺

本日は、北海道産小麦粉使用のさっぱりしょうゆ味の冷やし中華(生麺)を使ってみました。ここでは3人前ですが、我が家は4人家族。しかし、最近は以前よりも食欲が落ちてきているので、夕食はこれでちょうど良いのです。

鶏のむね肉入り冷やし中華 レシピ🐓

鶏のむね肉入り冷やし中華

実は正直に、ダンナも私も鶏のむね肉は食べられなくはないけれど、そんなに好きな方ではありません。もも肉は脂身があって美味しいのですが、むね肉はパサパサして硬いからです。今回レシピに使うむね肉は、義母が食べたくて生協で買ったものです。義母が食べたかった理由は、むね肉には脂肪分も少ないだけではなく、ビタミンやミネラルが多く含まれているので疲労回復には最適だからです。元々疲れやすい体質の義母にとっては求めていた栄養分です。ですから、美味しいものこそ殆どは体に悪いものばかりです。しかし、私はそのむね肉を何とか美味しく食べられるように工夫しました。

使用した材料(3人~4人前)

  • 冷やし中華の生麺(醤油スープ付き)・・・3人分(1食あたり110g)
  • きゅうり・・・2本
  • ミニトマト・・・12個
  • 生協むね肉(加工済みの蒸し鶏)・・・2パック(各80g)
  • 黒酢・・・大さじ2【むね肉の味付け用】
  • 合わせ調味酢・・・大さじ1【むね肉の味付け用】
  • 醤油・・・大さじ2【むね肉の味付け用】
  • にんにく・・・4欠片(そのうち1欠片はすりおろし、残りは焦がしにんにく)【むね肉の味付け用】
  • 小ねぎ・・・2本【むね肉の味付け用】
  • 卵・・・4個【錦糸卵用】
  • だし醤油・・・適量【錦糸卵用】
  • 片栗粉・・・少々【錦糸卵用】
  • ごま油・・・適量【錦糸卵用】

作り方

むね肉の味付け🐓

【生協】むね肉さっぱりスライスむし鶏は元々少し味付けして加工してありますが、これだけでは味が足りないので、にんにく風味にしてしまおうと思いました。

1.【生協】むね肉さっぱりスライスむし鶏

1.【生協】むね肉さっぱりスライスむし鶏を準備する。

2.スライスしたにんにくを油でひいたフライパンでカリカリに焦がす。

2.スライスしたにんにくを油でひいたフライパンでカリカリに焦がす。

3.カップに、にんにく1欠片をすりおろし、黒酢大さじ2、合わせ調味酢大さじ1、醤油大さじ2を加える。

3.カップに、にんにく1欠片をすりおろし、黒酢大さじ2、合わせ調味酢大さじ1、醤油大さじ2を加える。

4.深めの皿に生協のむし鶏をのせ、焦がしにんにくと小ねぎをかけ、先ほどの3番をかけ、ラップをかけて1時間ほど冷蔵庫にて味を馴染ませる。

4.深めの皿に生協のむし鶏をのせ、焦がしにんにくと小ねぎをかけ、先ほどの3番をかけ、ラップをかけて1時間ほど冷蔵庫にて味を馴染ませる。

錦糸卵を作る🐣
1.溶いた卵にだし醤油と片栗粉少々混ぜる。

1.溶いた卵にだし醤油と片栗粉少々混ぜる。

2.ごま油をひいて熱したフライパンに溶き卵を流し、クレープ状に焦がさぬよう静かに焼く。

2.ごま油をひいて熱したフライパンに溶き卵を流し、クレープ状に焦がさぬよう静かに焼く。

3.薄焼き卵を少し冷ました後、丸めて細かく千切りにする。

3.薄焼き卵を少し冷ました後、丸めて細かく千切りにする。

中華麺を茹でて、盛り付ける🍥
1.沸騰した鍋に生麺を入れ、2分30秒茹でる。

1.沸騰した鍋に生麺を入れ、2分30秒茹でる。

2.茹でた後はザルへ移し、冷水で素早く滑りを取りながらもみ洗いする。

2.茹でた後はザルへ移し、冷水で素早く滑りを取りながらもみ洗いする。

3.冷やし中華のすべてのトッピングを用意。

3.冷やし中華のすべてのトッピングを用意。

4.皿によく水気を切った麺を盛り、そこに野菜や鶏肉のトッピングを飾り、最後は付属のスープをかけて完成。

4.皿によく水気を切った麺を盛り、そこに野菜や鶏肉のトッピングを飾り、最後は付属のスープをかけて完成。

食べた感想

冷やし中華に入っているむね肉ですが、ダンナ以外は義理の両親は美味しく喜んで満足してくれました。ダンナは「味付けはとてもいいけれど、肉だけはやはり豚肉とかハムの方が好き」だと。でも、冷やし中華のトッピングについては人それぞれだと思います。

ブログを見て下さり有難うございました。
グルメブログ いろいろなグルメ
ライフスタイルブログ ポジティブな暮らし

スポンサーリンク