今年1年は主の御心にゆだねる

新年4日目の出来ごと・・・

義父が入浴中に倒れたが、意識もあり、フラフラしながらも自力で立ち上がろうとする意志があった。

でも、一度は救急車に乗って地元の病院へ行き、特に気になる脳検査については全く心配なし。

しかし、倒れる二日前からしゃっくりが止まらず、あれだけ大食いで元気だった義父が珍しく食欲不振だったので我が家は何かおかしいと感じた。

病院検査の翌日は、もう一度別の良い病院に行った方が良いと思って、まずは近所のかかりつけのクリニック行ってもう一度診断してもらい、他の大きな病院を紹介してもらうことに決めた。

クリニックの診断結果、しゃっくりが続いた原因は胃潰瘍だったらしく、お風呂場で倒れたのは低血糖のせいであった。

幸いに大きな病院へ紹介どころか、精密検査の必要性はなく、ただ血液検査の結果を待つのみであった。

とにかく今のところは入院に至らないので、これは神様に守れていることに実感する。

胃潰瘍になった原因は普段の暴飲暴食であり、毎晩休肝日を作らずに発泡酒を飲み続けていたのもそうだが、もっと最大なのはストレスである。

義父は教会では今年より代表理事になり、地域の自治会では副会長(今年の3月位まで)という重役であるためにいろいろと議会や当番、イベント等に参加することが増えた。

さらに、頑固で割と傲慢な所のある義父に対して、私は何度も酷い態度をとってしまったことをここで告白する。

それなのに、この私を雨天や体調が悪い時に、わざわざ車で近所の会社まで何度も送り迎えをしてくれたし、家族で教会へ行く時や親しい人達のためにも車で送り迎えなど…義父は私達のために沢山働いてきた。

つまり、義父は頑張り過ぎて知らずに心身ストレスになってしまったと思う。

神様、私の犯しました全て罪をイエス・キリストの十字架の上に告白致します。どうぞ、私の罪をおゆるし下さい。

今年からは、私自身の欠点であるプライドや苛立ち、怒りを抑えるように毎日神様に祈る。

このままの性格では、信徒として教会においても職場、あらゆる場所においても証が出来ないし、これ以上隣人に迷惑を掛けたくない。

義父には健康管理と食生活の見直し、主に正しく見上げるように祈る事と、体の弱い義母には伝道活動や遠くへ自由にお出かけできるように健康と体力、心身の癒しが与えられるように祈る。

ずうっと信仰も弱く、教会から離れていた夫は、ようやく目覚め始めたかのように見える。

今後、教会の日曜礼拝へ行く時は義父の代わりに夫が車で運転してもらうことになる。

ただし、月2回の聖餐式があるのみ、夫はまだ教会出席までは至らないと思うが、いずれは出席せざるおえない時が来るので主の御手に任せる。

今年も、いろいろと細かい出来ごとがあるかもしれないが、全てには主の時があり、全ては主の御心に慎重におゆだねします。

↓では、お気軽にクリックしてください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク