他の教会からメッセージ

クリスチャンにとって毎日のデボーションはとても大切だけど、聖書を読むと沢山難しい箇所があるし、自分で御言葉を解釈することも危険なので、教会の牧師による家庭集会(聖書勉強会)が必要である。それと、私は他の教会のブログやホームページから、各牧師による説教や信徒たちの証をいつもチェックしている。私は別に渡り鳥クリスチャン(転会を繰り返す)にはなりたくないし、いつも通い続けている教会の籍のままでいたいが、他の教会にも興味深い。今度は数カ月に一度くらい気分転換に気になる教会があれば視察に行こうかと心で計画している。いつもの教会と他の教会の説教を比較するためではないが、私は主に祈りながら私に合うヒントが得られるメッセージを求めているのみだ。ネットで外部のプロテスタント系教会の各説教を調べると、励みになるメッセージや素晴らしい心に伝わるメッセージなど多く存在している。その中で、特に都内の某バブテスト教会の牧師による説教で、職場に関するとても良い重要ポイント(部分抜粋)を見つけた。

スポンサーリンク

善良の労働者

クリスチャンとして、私たちは社会の中で、最良の労働者、最も信頼される労働者であるべきです。私たちは次のことはしません。

  1. 言い返すこと
  2. 盗み
  3. 誇帳したタイムシートを提出すること
  4. 誇帳した経費報告書を提出すること
  5. 個人使用のために、会社の事務用品を家に持ち帰ること
  6. 私用電話をすること
  7. 許可されていない移動に社用車を使うこと

私たちは、会社の中でも最も信頼のおける労働者であるべきです。いくつかの点、たとえば、偶像礼拝、違法な取引、会社のパーティーで酔っぱらうこと、会社のために家庭や信仰を捨てることなど、クリスチャンとしての信仰のゆえに、従うことが難しい場合には、敬意を示しながら、上司に対して説明しなければならない場面もあるでしょう。

私たちは非常に優れた最高の労働者、最高の誠実さを持つ労働者、最も従順で、最も協力的で、最も信頼できる労働者であるべきです。

スポンサーリンク

クリスチャンとは

みなさんと分かち会いたいと思います。クリスチャンとして信仰を持っているなら、他の人には不可能でも、私たちは最高の労働者となることができます。

その理由は:

  1. クリスチャンとして、私たちは仕事の成果を称賛してもらうことが目的ではないからです。認められることも、必要ではありません。神様がおっしゃることが大切なのです。周りの人が何を言うかでなく。なぜなら、仕事の成果は、全て神様への称賛となるからです。
  2. クリスチャンとして、お金のために働くわけではないからです。私たちが誠実であれば、神様は私たちの必要を備えてくださいます。昇格や昇給は良いものです。しかしそれが、私たちの人生の目的ではありません。
  3. クリスチャンとして、ゴシップ、盗み、またあらゆる不品行を嫌悪します。
  4. クリスチャンとして、神様の道(方法)が私たちの道(方法)と違う、と知っているだけではなく、神様の道(方法)が最善であると知っています。

ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク