南アフリカからのハーブティ ハニーブッシュの効能

ハニーブッシュというものをご存じでしょうか?原産国である南アフリカの二大ハーブティと呼ばれる一つです。つまり、お馴染みのルイボスと同じマメ科の仲間ではあるのですが、植物は別です。ハニーブッシュの生産量はまだ少ないのと、日本に入ってからまだ数年しか経っていません。そのため、身近な所ではあまり見かけない珍しいものです。

スポンサーリンク

ルイボスと同じくノンカフェインティーのハニーブッシュ

ハニーブッシュティーというものを初めて知ったのは、通販で買ったグリーンルイボスティーなどに小さなサンプル品として付いていたからです。これを試飲してみたら、ほんのりハチミツような甘い香りに、さっぱりとした口当たりが気に入り、早速と本品を買いました。

希少価値のハニーブッシュティー

これが我が家に届いたハニーブッシュティー(ティーパック)2袋です。写真をご覧いただくと、茶葉は微かにピンク色に見えると思います。

ハニーブッシュは、南アフリカ共和国西ケープ植物区のフィンボス (Fynbos)と呼ばれる灌木地域で自生する黄色い花が咲く植物のようです。何故ハニーブッシュと名付けたのかと言いますと、単純に花がハチミツと似た香りがすることからです。

ハニーブッシュの効能は凄い

honeybush photo

Photo by inazakira

ハニーブッシュはルイボスと同じくノンカフェイン、低タンニンが特徴なのでお年寄りから岡ちゃんからお年寄り、妊婦さんにも安心して飲めるお茶のなのです。ハニーブッシュの効能というのはルイボスを超えるものを持っているそうです。

抗酸化物質のポリフェノール(イソブラボン、フラボン、桂皮酸、クーメスタン、非フェノール代謝物のキサントンなど)を豊富に含み、特にイソフラボンやクーメスタンは、女性ホルモンとよく似た働きをするという植物エストロゲンを含むので、月経周期を整えること、更年期障害の諸症状の緩和する働きがあります。

また、同ポリフェノールには風邪やインフルエンザの緩和や食欲増進もあり、血圧や不整脈にも有効であり、さらに鉄、カリウム、亜鉛、マグネシウムまでも含まれているので貧血予防、便秘解消にもなります。

ハニーブッシュティーの飲み方

今回、ティーパックを買ったので手持ちのマグカップに入れて、お湯を注ぐだけです!後は、説明書の通りに1~3分蒸らしてから美味しく出来上がります。

ルイボスティーと同じくノンカフェインということから夜のお休み前に飲めます。本当に癖もなくて飲みやすいので、水分補給にはぴったりのお茶ですよ。

まだ初めての方、ハニーブッシュティーを是非お試しください。

ブログを見てくださりありがとうございます☆彡
にほんブログ村 ライフスタイルブログ

スポンサーリンク