【超簡単レシピ!】エビと白菜のあんかけ丼

久々に我が家のレシピ。今回は誰にでも簡単に調理が出来てしまうエビと白菜のあんかけ丼です。今、冬の時期は白菜が美味しい季節ですね。鍋料理、スープ、炒め物など何でもありです。特に白菜は体をポカポカ温めてくれる温野菜の一つ。白菜はエビと一緒に中華のレシピにピッタリです!

季節の白菜をどんどん食べましょう!

Photo by Alice Henneman

白菜は実はアブラナ科アブラ属の二年生植物です。日本では冬野菜の代表格。日本以外は中国、キムチなどに利用する韓国、さらに意外なことにアメリカでも”Chinese cabbage”と呼んでサラダに使われているようです。生の白菜というと塩漬けなどの漬物のイメージが強いですが、アメリカのようにサラダにして食べる発想は思いつきませんでした。まあ、一応はキャベツの仲間であることは間違いありません。

白菜は、霜に当たると甘みが出て美味しくなり、しかも貯蔵性が高いので絶対に冬の必需品。また、驚くべきことにガン予防、造血作用があることから「血のミネラル」とも言われているそうですよ。さらに胃腸の調整、風邪などの咳止め、ダイエットなども効能があります。

エビと白菜のあんかけ丼

エビと白菜のあんかけ丼

それではエビと白菜のあんかけ丼の材料と作り方は以下の通りです。

材料(4人前)

  • むきえび・・・250g
  • 白菜の葉・・・6枚
  • たけのこの水煮・・・一袋
  • 長ネギ・・・一本
  • ニンニク・・・2欠片
  • ショウガ・・・適量
  • 料理酒・・・適量
  • だし醤油・・・適量
  • 塩・・・少々
  • コショウ・・・少々
  • ごま油・・・適量
  • 片栗粉・・・適量
  • 水・・・適量

作り方

  1. まず、白菜、長ネギ、たけのこを食べやすくカットする。
  2. 薬味のニンニクと生姜を細かくスライスする。
  3. ごま油を引いた大きな中華フライパンに、薬味、良く水を切って塩とコショウを振っておいたむきえび、たけのこ、白菜、長ネギの順に加えて炒める。
  4. 料理酒、だし醤油で味を調え、最後に水で溶いた片栗粉をかけてとろみを出す。
  5. 器に熱々ご飯を盛り、あんかけをかける。

あとがき

エビと白菜を中心とした本当にシンプルなあんかけではありますが、シンプルだからこそ下ごしらえが簡単です。肝心な味のポイントですが、エビの出汁に、薬味、ごま油、こだわりのだし醤油をプラスしますと、とても風味のある味になるのです。

あんかけ丼を手っ取り早く作りたいのであれば、是非この方法もご参考にしていただければ幸いです。

ブログを見てくださりありがとうございました🍴
グルメブログ いろいろなグルメ