紫外線対策は常になのか?外も室内も日焼け止め

今回は紫外線対策についてです。美白を考える前に、まず紫外線対策と保湿ケアをすることがとても重要です。外の紫外線(UV-B)も最ものことですが、実は室内でも紫外線(UV-A)が入ってくることはご存知かと思います。通常、生活紫外線と呼びますが、これが案外見落とします。一日中自宅にいてもケアが必要な理由を考えてみました。

スポンサーリンク

紫外線を上手く向き合えば大丈夫?

紫外線の最も強い時期は5月から9月だといわれています。ぶっちあけ、紫外線は一年中です。しかし、かと言って常に日傘、手袋、長袖、顔マスクなど過剰防備も考えものです。紫外線が全て悪いわけではなく、逆に日光浴も浴びないとストレス発散は出来ず、さらに体内のビタミンD不足となってしまいます。適度な日焼け止め対策をすれば決して恐れることはありません。

生活紫外線はしっかりスキンケアをして入れば美肌キープ

朝起きて、しっかり白湯を飲んで水分補給、肌にも乾燥しないように基礎化粧品でしっかり保湿し、日焼け止めやUV効果のある日中美容液で紫外線対策をすることが大切です。

資生堂薬品 サンメディックUV

サンメディックUV薬用ホワイトプロテクトWn

今回、フェルゼアやザ・コラーゲンなどでおなじみである資生堂薬品のサンメディックUV薬用ホワイトプロテクトWnというものを買いました。日焼け止めとしてはやや値段が高めではありますが、顔や首にも塗るものですから高品質なものを選ぶことは重要です。

このホワイトプロテクトWnには、あの集中美容液HAKUに含まれているトラネキサム酸というシミ・ソバカスを予防する美白成分も入っているようです。また、乾燥による小ジワも目立たなくすること、ペールパウダー配合によって肌の透明感をアップするメリットもあります。

特に、肌のくすみやすい年齢の方にはおすすめする日焼け止めだと思います。また、同じ資生堂グループなので、HAKUと兼用すれば効果は期待出来そうです。

日焼け止めを上手く使えば怖くない

夏になると汗をかきやすいので、こまめに日焼け止めを付け直すほうが効果的なのは分かっているのですが。。。しかし、付け直しは面倒ですよね。それならスプレータイプの日焼け止めが楽です。これなら、いつどこにでも持ち歩けるから便利です。サンメディックUV薬用スプレーもあります。スプレーはべとつかないし、肌にサラッとするので、夏には一番良いと思います。

でも、紫外線対策を気にしてばかりではなくて、水分補給と保湿も絶対に忘れないようにしましょう。

ブログを見て下さりありがとうございました☀
ブログ村 ライフスタイルブログ

スポンサーリンク