教会での楽しいクリスマスお食事&祝会

今年もクリスマスの時期がやってきました。私事ではありますが、今の新しい教会へ移ってから1年2ヶ月目となります。私たちの教会でのクリスマス祝会は12/18と他の教会より一週間早めて開催されました。今回は素晴らしいお食事、楽しいゲームや各楽器の演奏、歌のなどの披露もあってとても充実したプログラムでした。

スポンサーリンク

2016年度クリスマスお食事・祝会のフォト

持ち寄り食事会の様子

今年の持ち寄り料理は沢山きれいに並んでいて、とても豪華でした!婦人たちが心を込めて用意して下さいました。

まず、前からパスタとツナ入りのミックスサラダ、ポテトサラダ、シーフードサラダ。

こちらは、炊き込みご飯やパエリア、いなり寿司、ちらし寿司、ウィンナー入りのロールパン、アメリカンドッグ、チャーシュー、チキンナゲット、ミートボールのトマト煮。

こちらは、スモークチキンサラダ、大学芋、ほうれん草のキッシュ、タイ風イエローカレー。

そしてデザートは、クッキー、せんべい、シナモンケーキ、ティラミス、ブルーベリー寒天ゼリー、フルーツヨーグルトです。一番奥は温かいお茶と冷たいお茶でした。

補足:聖書では持ち寄り料理について「一番最高のものをお献げるようしなさい」と言っております。美味しく作った料理とは信仰(愛)からくるものだし、お皿や器のデザインも凝っているもの。旧約聖書に登場する人物「カインとアベル」という双子の兄弟が、神様へ献品する姿勢の違いについて思い浮かべます。

祝会の様子

一番最初のプログラムはチームを小分けして記憶ゲームや伝言ゲームをし、その後は各自のグループで披露して下さいました。

まず、米国宣教師ファミリーによる賛美歌披露です。長男さんはウクレレで伴奏しています。最初は英語の歌詞で、この後は日本語の歌詞で上手に歌い上げました。

次は、宣教師の長男さんと一番下の娘さんと二人だけで歌っているシーン。

こちらはある母と娘たちでピアノ&ヴァイオリン演奏。娘さんたちはちょっと緊張気味でしたが、最後までよく頑張りました!

今度は宣教師ご自身でトランペット独奏。

教会学校の子供たちが制作したスライド「イエス・キリストのご誕生物語」です。時々フォトの脇にジョークのフレーズが付いて笑いがありました。このシーンは馬小屋でお生まれになったイエス様へ、東の方から来た三人の博士の一人が香油をささげているところのようです。

一番最後のプログラムは婦人の聖歌隊による賛美歌2曲「きよしこの夜」&「O Holy Night」を歌いました。当日まで賛美歌の練習がたったの3回しか出来ませんでしたが、みな良く歌声が揃っていてほっとしました。

以上、今年の早いクリスマス祝会が無事に終えることが出来て本当に良かったです。また、皆さんも「最後までお疲れ様でした!」という気持ちです。

ブログを見て下さりありがとうございました🎄
ブログ村 キリスト教

スポンサーリンク