40代でパートタイム 色んなこともある

40代以降でパートタイムで仕事する方の多くは色んなことがあります。筆者は子供はいないものの、後期高齢者の義理両親や持病の夫などの課題を抱えつつ、派遣のパートタイムで仕事中です。ちょっと前は、別の小さな家族経営の会社でパートタイムで仕事をしておりましたが、イマイチな職場環境とモチベーションが低下した為、即転職しました。

スポンサーリンク

パートタイムでも職場環境は大切

フルタイムで仕事しようが、パートタイムで仕事しようが、長く勤務を望むのであれば職場環境はとても重要です。ただ、40代以降となると、20代~30代の若者と比べれば、少しずつ体力的に落ちていくことと、家庭の問題などを抱えながら時短のパートタイムで仕事する方も少なくないと思います。そのため、人それぞれに合う無理のない働き方が一番です。

パートタイムでも小さい会社はおすすめしない

筆者は新しい職場でスタートする数日前、近所にある小さな食品会社での週3日(4~5h)で5ヶ月間くらいパート勤務をしていました。週3日は火・木は午後13時~17時まで、忙しい土曜のみ午前10時~午後16時までの一見楽そうなシフトですがとんでもないです。このシフトによって生活のリズムは崩れて夜型となっていきました。又、家族経営のため、360日も休みもないバタバタした圧迫感な雰囲気、小汚い事務所内は経営者ご一家で喫煙に包まれてとても嫌でした。特に、毎週土曜シフトのみ憂鬱でした。この状態から脱出しようと、条件の良いパート先へ移ろうと決意したのです。

やはり、パートタイムでも余裕のない小さい会社(特に家族経営)はおすすめしません。筆者は小さい会社を辞めた後、現金のお給料をわざわざ取りに行かなければなりませんでした。小さい会社の多くは、銀行振込手数料のかからない現金渡しが多いので要チェックです。万が一、嫌で自己都合で辞めた場合、給料と源泉徴収を取りに行くことは面倒となるのみです。

パートタイムは派遣の方が安心

次のパート探し、もう自力ではあらゆる面でリスクがあります。それなら、派遣会社にパートタイムの仕事を紹介してもらおうと、早速今の派遣先が与えられました。田舎が残る所沢市にある小さい会社から、都内新宿区にある大きな病院での健康管理センターにて週5日のハーフタイム(午前中のみ4h)の仕事へ切り替わりました。おかげさまで早寝早起きの朝方人間へ変わりました。また、午前中に集中して仕事をし、お昼には帰宅すれば家族や自分の時間も確保が出来るようになりました。

派遣で紹介する派遣パート先は大きな企業・施設が多く、スタッフになってからも色々とフォローやサポートもあるので安心します。

ブログを見てくださりありがとうございました🌸
ライフスタイルブログ ポジティブな暮らし

スポンサーリンク