プチぶらり散歩:夕方の空堀川・柳瀬川合流地点を散策

今回の土日は5月とは思えない夏の暑さの連続です。朝晩は涼しいけれど、日中は非常に日差しが強く、熱中症も気になるほど外出はとても厳しいです。しばらくは涼しくなるまで自宅で待機、ようやく日が沈み始める夕方なってから散歩に出かけました。17時半過ぎの空堀川遊歩道では犬の散歩、ランニングする人々の姿が見られました。

夕方の静かな川沿い遊歩道

夕方の遊歩道

5/20(土)は朝から良い天気だったので、筆者は午前中に洗濯を済ませ、お昼頃には外で干した洗濯物がカラッと乾きました。しかし、日中は日差しが強くて外出する人は近所の周りに限って少なかったと思います。ただ、夕方17時以降は涼しい風が出てきて、お散歩するにも良い時間帯でした。

空堀川・柳瀬川合流地点

空堀川・柳瀬川合流地点(下流方面)にある「くるまや橋」

空堀川・柳瀬川合流地点(下流方面)にある「くるまや橋」

この辺り、日差しの強かった日中は誰も歩いている人などいませんでしたが、涼しい夕方は犬の散歩が一番多く、次にランニング、そして筆者たちのような普通の散歩をする人の姿がありました。

柳瀬川・空堀川を結ぶ新しい橋(2016年完成)

柳瀬川・空堀川を結ぶ新しい橋(2016年完成)

自宅から近い柳瀬川・空堀川合流地点の遊歩道を約40分程度かけて往復しました。

これからは先は暑さの厳しい夏が続きそうですし、よっぽど曇り空でない限りは日中を控え、今回のように夕方がちょうど散歩するのにはふさわしいと思います。6月-7月は夜7時までは明るいので、例えば先に夕食を済ませてから散歩という手段も元気になってきた旦那と小さな計画を立てている所です。

遊歩道広場に植えられているカモミール

遊歩道広場に植えられているカモミール

散歩はどうやら更年期障害の人にとっては良いらしいです。筆者もたぶん近い将来は更年期に入りそうなので、リフレッシュ出来る期間はどんどん散歩に出かけたいです。

夕方のカモたちの様子

川岸の草の中に隠れていたカルガモ

川岸の草の中に隠れていたカルガモ

この頃、日中はカモの姿が一羽も見られなかったのですが、どうやらカモたちは今まで川岸の生い茂る草の中で休んでいたようです。もうじき、産卵の時期と重なると思うので、今年はこの辺りでも雛たちの姿が見れると期待しております。

同じ川岸にて眠っているカルガモ二羽の姿

同じ川岸にて眠っているカルガモ二羽の姿

もう1カ所では何と二羽のカルガモが丸くなって眠っている姿がありました。もしかして、日中の暑さでまいったのでしょうか?しかし・・・。↓

清瀬市内の夕方のチャイム音で目が覚めたカルガモたち

清瀬市内の夕方のチャイム音で目が覚めたカルガモたち

ずっと眠り続けたカルガモたちが清瀬市内の18時5分のチャイム音により、驚いて目が覚めた瞬間を撮りました。

境橋の下で泳ぐ雑種と思われるカモ

境橋の下で泳ぐ雑種と思われるカモ

境橋の方を歩いている時、一羽のカモが泳いでいたのですが、よく見るとたぶんマガモとカルガモの交雑ガモのように思われます。単独で泳いでいると言うことは、もしかして交雑というだけで仲間外れに見えてなりません。野鳥の社会も厳しい。

ブログを見てくださりありがとうございました📷
ライフスタイルブログ ポジティブな暮らし