プチぶらり散歩:田舎の景色が残る東所沢(本郷)周辺を散策・発見

今回のプチぶらり散歩は、JR武蔵野線東所沢駅の近くにある本郷という田舎の景色が残る場所です。本郷と言えば東京都文京区では無く、埼玉県所沢市の本郷です。近隣の東所沢、城、下安松、東所沢和田、および柳瀬川対岸で東京都清瀬市の下宿、中里と隣接し、北辺に埼玉県道・東京都道179号所沢青梅線が通り、南側に柳瀬川が流れています。

東所沢の隣にある本郷をぶらり散歩

本郷というキーワードと言えば文京区、本郷三丁目、東大とかが有名。しかし、こちらでの本郷は何も無い東所沢の隣にある本郷という場所を示します。ただ、歴史上として戦国時代までは、近隣の滝の城の城下町・領地として繁栄した土地でした。ですから、すぐ隣の所沢市城には「滝の城址公園」があります。

本郷の畑道

農道入口付近

農道入口付近

カフェレストランなごみ野の横に農道があります。この農道は一般の人も通行可能な自由道で、自転車・オートバイも普通に通っています。

畑に麦の苗

畑に麦の苗

所沢市は麦の産地でもあり、市内でうどん屋の数も多い地域です。

キレイにさきっちょを刈り取ったネギ畑はまるで芸術のよう。

キレイにさきっちょを刈り取ったネギ畑はまるで芸術のよう。

農道を抜けると長めの坂道

農道を抜けると長めの坂道

坂道(右方向下り)はパン屋エミュウ所沢本店、柳瀬川方面

坂道(右方向下り)はパン屋エミュウ所沢本店、柳瀬川方面

左方向(上り)は埼玉県道方面

左方向(上り)は埼玉県道方面

筆者たちは県道へ向かいました。

埼玉県道・東京都道179号所沢青梅線

車通りの激しい県道沿いをさいたま方面へ歩くと、所々で気になるお店が数軒あります。今回新たに発見した2ヶ所を載せました。

福田屋そば店

福田屋そば店

福田屋そば店

福田屋そば店は現在準備中でした。

福田屋そばのメニュー数はかなり豊富

福田屋そばのメニュー数はかなり豊富

その代わりメニューの数が多く、そば・うどんの他、ラーメン、カレー、丼ものなどもあります。また、こちらのお店では出前をやっているようです。(地域にもよる)

機会があれば食べに行きたいと思います。

倉庫でお菓子のアウトレット

倉庫でお菓子販売

倉庫でお菓子販売

ここでは各メーカーで売れ残ったもの、賞味期限のお菓子を格安で販売しています。試しに入口へ入ると、親子連れの人たちがいました。小さい子どもも大喜び。

筆者が買ったお菓子は全部で何とたった200円!

筆者が買ったお菓子は全部で何とたった200円!

ついつい買いたくなった筆者はポッキーのいちごとブルーベリーを選び、その時にお店のおじさんがレーズンサンドとグラノラ2袋をサービスとして下さいました。サービス品はもちろん賞味期限切れのお菓子です。おじさん曰く、メーカーへ直接問い合わせたところ、賞味期限が切れても1年以内なら問題が無いとのことだそうです。ですから、賞味期限さえ気にしなければ、好きなお菓子を通常より安く買える嬉しさがあるでしょう。

柳瀬川沿い遊歩道

県道179号の本郷交差点を右方向へ曲がり坂道を下りました。この通りは通学路とは思えないほどの酷い道であり、車やトラックの通りが激しいです。坂を下りて住宅街へ入り、さらに大きな畑の道へ抜けると柳瀬川遊歩道の入口へたどり着きます。

本郷付近の柳瀬川遊歩道

本郷付近の柳瀬川遊歩道

向こうの建物は清瀬台田団地です。

柳瀬川にて子供たちが川遊びを楽しんでいる姿

柳瀬川にて子供たちが川遊びを楽しんでいる姿

柳瀬川遊歩道を上流方面へ進むと赤い金山橋

柳瀬川遊歩道を上流方面へ進むと赤い金山橋

清瀬金山公園

清瀬金山公園内の河川でも子供たちが川遊び

清瀬金山公園内の河川でも子供たちが川遊び

川遊びしている元気すぎる子供たちがカルガモの番に石を何度も投げ飛ばしている酷い姿を目撃しました。すぐ近くで平日のBBQしている若い大人たちはどんちゃん騒ぎで夢中なので、子供たちに注意する暇もなかったのでしょうけれど・・。

子供たちに石を投げられて公園内へ飛び逃げてきたカルガモの番

子供たちに石を投げられて公園内へ飛び逃げてきたカルガモの番。

彼らはしばらくここで避難

彼らはしばらくここで避難

カルガモたちに怪我は無かった模様。無事で良かったです。

公園内のマガモの番の姿

公園内のマガモの番の姿

マガモの夫婦も仲良し。

以上、所沢市本郷の周辺をご紹介しました。

ブログを見てくださりありがとうございました📷
ブログ村 ライフスタイルブログ