プチぶらり散歩:清瀬の野菜直売所でパクチー&にんにくの芽

清瀬直売所

いつもの清瀬でのプチぶらり散歩です。清瀬や所沢で散歩する時には必ずどこかで野菜直売所があります。散歩する時間帯に寄りますが、だいたい野菜直売所の旗が上がっていれば野菜がまだ残っていること、逆に旗が下げていた場合は売れ残りであることを毎日散歩をしているうちによく分かりました。

清瀬で散策しているうちに発見したもの

清瀬で作っている野菜

清瀬と言えばにんじんや幻のピュアコーンが有名なのですが、もちろん他の野菜も沢山作っています。最近、多いと感じたのはブームとなっているパクチー(コリアンダー)です。清瀬・中里辺りの直売所でパクチーを売っている所は今の所2ヶ所もありました。

清瀬の野菜直売所で見つけたパクチーとにんにく芽

清瀬の野菜直売所で見つけたパクチーとにんにく芽

エスニック料理で使われるパクチーですが、日本人の間では好き嫌いがはっかりと分かれます。好きな人は癖になるほどハマりまくります。実は筆者もパクチー大好きです。パクチーはセリ科の仲間であり、別名はコリアンダー(英)、シャンツァイ(中)など、スペイン語ではシラントロと読んでメキシコ料理にも使うらしいです。

筆者は主にサラダなどで多く使うことが多いです。義理両親は口に合わなかったけれど、この頃の旦那はパクチーが好きになりました。

清瀬のちょっと出来損ないのにんにく芽(1袋半額50円)

清瀬のちょっと出来損ないのにんにく芽(1袋半額50円)

もうひとつ、意外だったのは清瀬でにんにく芽が売っていました。袋だけでもにんにくの豊かな香りがします。しかし、今回のものは出来損ないらしく、直売所のメモに「茎が少しかたいです。」と記してあり、1袋で半額50円で売っていました。

この後、にんにくの芽は牛肉の焼き肉に使わせていただきます。

清瀬の6月上旬の風景

清瀬の野菜直売所で買い物した後、いつものようにプチぶらり散歩です。中里の野菜直売所から清瀬せせらぎ公園の遊歩道を通った時、アジサイの花が順々と咲き始めています。

せせらぎ公園 宮下橋付近に咲き始めるアジサイ

せせらぎ公園 宮下橋付近に咲き始めるアジサイ

もう暦は6月へ入ったばかりですが、今年の関東甲信の梅雨入り予想は6月下旬と遅れている様子。確かに今年の6月にしては雨量も少ないような気もします。

アジサイをアップ

アジサイをアップ

これからどんどんアジサイが咲いて鮮やかになっていくのを楽しみです。

せせらぎ公園の宮下橋の下でひっそり泳ぐカルガモの番

せせらぎ公園の宮下橋の下でひっそり泳ぐカルガモの番

夕方のせせらぎ公園では、いつも同じカルガモの番を見かけます。今回は宮下橋のそばで泳いでいました。その下にはニジマスたちが泳いでいますが葉っぱだらけでよく見えません。カルガモの番は仲良く、慎ましくこのせせらぎ公園内で留まっているようです。そのうち、ここで雛が誕生するかどうかは分かりません。

空堀川遊歩道くるまや橋付近

空堀川遊歩道くるまや橋付近

せせらぎ公園から空堀川遊歩道(下流方向)へ歩き、ここでもカルガモたちがいないか毎日見ています。

河原でくつろぐマガモの番

河原でくつろぐマガモの番

すると、河原でマガモの番を見つけ、2羽仲良く一休みしていました。マガモの雄は派手でひと目で分かりますが、雌の模様は草と砂利の間では本当に目立ちにくいです。筆者たちは、実はマガモの雛を一度も見たことがなく、今年はこの付近でマガモの雛を是非見れる機会があればと願っています。

同じ河原でカルガモの番

同じ河原でカルガモの番

一方、カルガモの雛は毎年見ています。今の時期、ここではカルガモの雛の姿が見られました。

今年のカルガモの雛

今年のカルガモの雛

先月末、一度記事で載せたあのカルガモの雛たちかもしれません。この前はもっと多くの雛がいましたが、今回は数が減っているような気もします。https://greentea.rumisunheart.com/archives/21618

草の中は雛たち巣

草の中は雛たち巣

これからも他の場所でも雛の姿が見れるチャンスは沢山あると思います。

ひとこと

散歩しながら野菜直売所巡りも結構楽しいです。筆者たちは清瀬の野菜直売所と、隣の所沢の野菜直売所を交互にチェックしています。最近の野菜直売所は盗難防止のためにロッカー式、あるいは有人直売所も少なくありません。以前、所沢にあるロッカー式直売所では地卵、手作り梅干し、ももなども売っていました(^^)

ブログを見てくださりありがとうございました📷
ブログ村 ライフスタイルブログ